このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

デスクトップは置きたくないけど大画面で作業したい人にはとくにオススメ!

Ryzen 7&Radeonで薄型ボディーとは思えない性能を発揮、テレワークや軽いクリエイティブ作業もOKな一体型PC「ESPRIMO FH-G/E3」 (1/2)

2021年02月14日 16時00分更新

文● 山口 優 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士通クライアントコンピューティングのディスプレー一体型PC「ESPRIMO FH-G/E3」

 富士通クライアントコンピューティングの「ESPRIMO FH-G/E3」は、薄型テレビのような洗練されたデザインと、使い勝手に優れた機能が魅力的なディスプレー一体型パソコンだ。AMDの第3世代Ryzenプロセッサーと、ディスクリートGPUのRadeon RX 5300Mを搭載し、基本性能も充実している。今回は各種ベンチマークテストを実施して、そのパフォーマンスをチェックしてみた。

Ryzen 7 4700UとRadeon RX 5300Mで高パフォーマンスを実現

CPUはRyzen 7 4700U(8コア/8スレッド、最大4.1Ghz)が搭載されている

 ESPRIMO FH-G/E3は、CPUにRyzen 4000 Uシリーズを採用している。また、ディスクリートGPUのRadeon RX 5300Mを搭載して処理性能を高めているのが特徴だ。試用機の主なスペックは次の表の通り。

試用機の主なスペック
CPU Ryzen7 4700U(2.0~4.1Ghz)、8コア/8スレッド
グラフィックス Radeon RX 5300M
メモリー 16GB
ストレージ 約1TB SSD
ディスプレー 23.8型(3840×2160ドット)、ノングレア

 第3世代Ryzen 4000 Uシリーズの最上位モデルにあたる8コア/8スレッドのRyzen7 4700Uが搭載されているが、パフォーマンスはどれくらいあるのだろうか? そこで、ベンチマークソフトで性能をチェックしてみることにした。

「CINEBENCH R20」の結果

「CINEBENCH R23」の結果

 まず、CPUの性能を見るため「CINEBENCH R20」を実行してみたところ、シングルコアが478pts、マルチコアが3324ptsとなった。また、「CINEBENCH R23」も実行してみたところ、シングルコアが1227pts、マルチコアが8498ptsとなった。Ryzen 4000 Uシリーズの中でもワンクラス下のRyzen 5 4500Uや、第10世代Core i7-10710Uあたりと比べると約50%ほど高いパフォーマンスを発揮し、非常に高性能であることがわかる。

「PCMark 10」の結果

 続いてパソコンの総合的なパフォーマンスを見る「PCMark 10」を試してみたところ、総合スコアが「5545」という結果になった。詳細を見ると、パソコンの基本性能を示す「Essentials」が9176、ビジネスアプリの性能を示す「Productivity」が7472、クリエイティブ系アプリの性能を示す「Digital Content Creation」が6751と、いずれも快適さの目安となる3000を大きく超える数値になっている。さらに細かく見ると、「Photo Editing」のスコアが11531、「Video Editing」のスコアが3847となっており、写真編集はもちろん動画の編集なども快適に扱えそうだ。

「CrystalDiskMark」は、シーケンシャルリードが2400MB/秒前後とかなり高速だ

 ストレージは、PCIe 3.0×4レーンのM.2 NVMe SSDが搭載されていた。「CrystalDiskMark」を実行してみたところ、シーケンシャルリードが2388.95MB/秒とかなり高速だった。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通