このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

注目のIntel Evoプラットフォーム対応ノートPC特集 第2回

モバイルノートPCの究極形、Intel Evoプラットフォーム対応注目モデルを紹介【前編】

2021年02月04日 11時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

軽くて速いのがノートPCの本懐、富士通パソコン FMV「LIFEBOOK UH90/E3」

モバイルノートPCに必要な軽さとスタミナを両立させた、富士通クライアントコンピューティングのFMV「LIFEBOOK UH90/E3」(型番:FMVU90E3W)。重量は本体カラーによって異なるが、最も重い上記のシルバーホワイトでも834gと超軽量だ。実売価格は19万5800円前後

FMV「LIFEBOOK UH90/E3」の主なスペック
ディスプレー 13.3インチIGZO液晶(1920×1080ドット、マルチタッチ対応)
CPU Core i7-1165G7(4コア/8スレッド、最大4.7GHz)
グラフィックス Intel Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
メモリー LPDDR4X-4266 8GB×1(交換・増設不可)
ストレージ 512GB SSD(PCIe対応)
無線機能 Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB Type-C(Thunderbolt 4対応)×2、USB Type-A(USB 3.2 Gen 1対応)×2、HDMI出力、マイク・ラインイン・ヘッドホン・ラインアウト・ヘッドセット兼用端子、有線LAN(1000BASE-T)、SDカードリーダー
ウェブカメラ 約92万画素
バッテリー駆動時間 約22.5時間(JEITA 2.0準拠)
サイズ(突起部除く)/重量 307(W)×197(D)×15.5(H)mm/約818g(ピクトブラック)、約828g(ガーネットレッド)、約834g(シルバーホワイト)
OS Windows 10 Home 64bit
Officeソフト Microsoft Office Home & Business 2019(デスクトップ版)

 13.3インチ液晶で重量834g、バッテリー駆動で約22.5時間動作を謳う薄型超軽量ノートPC。持ち歩いて使うことを考えるなら本機を真っ先に検討したい。USBがType-A×2とType-C×2、かつ有線LANポートも備え、使い勝手を犠牲にせず軽量化しているという点を高く評価したい。指紋センサーを備えているのでパスワードロックが煩わしい人にもオススメ。

 ただ惜しいのは、メモリーが8GBで増設できないので、大きな画像などを扱う人は不足を感じるかもしれない。ちなみに、同シリーズの最上位モデル「FMV LIFEBOOK UH-X/E3」(実売価格 21万9800円前後)は、重量わずか634gで13.3インチ液晶搭載ノートPCでは世界最軽量を謳っている。

ボディーカラーはピクトブラック/ガーネットレッド/シルバーホワイトの3種類から選択可能。ただし最軽量の最上位モデルはピクトブラックのみとなる

左右両側にUSB Type-Aポート(USB 3.2 Gen 1)を配置しているのも本機の魅力。まだ周辺機器はUSB Type-A経由で接続するUSBデバイスが大多数であることを考えれば、極めて合理的な設計だ

右側面には有線LANポートとUSB Type-A(5Gbps)、フルサイズのSDカードリーダーも備える

凸型カーソルキーを備えた、打ちやすく打鍵ミスを誘発しないJIS配列。電源ボタンはWindows Hello対応の指紋センサーを兼ねている

ACアダプターは最大65W出力。Intel EvoプラットフォームはUSB Type-Cケーブル経由で充電するのがスタンダードだ

後編ではさらに3製品を紹介

 以上でIntel Evoプラットフォーム対応ノートPCのオススメモデル紹介の前編は終了だ。後編では日本HP、レノボ、MSIの3メーカーの製品を紹介する。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン