このページの本文へ

ダークトレース、クラウドネイティブなサイバーセキュリティー製品「Darktrace Immune System Version 5」公開

2021年01月26日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 英国に本社を置くDarktrace(ダークトレース)は1月26日、セキュリティー製品「Darktrace Immune System Version 5」を正式公開した。

 人間の免疫システムに着想を得たAIアルゴリズムを駆使して独自のサイバーAI技術を搭載。組織における通常の「生活パターン」を自律的に学習し、クラウド、Eメール、ホームオフィス環境といったシーンでのサイバー攻撃をリアルタイムに阻止するという。

 Microsoft 365やZoomなどSaaSツールの自動遮断をするほか、検知した脅威もAIが自動分析、直観的な可視化コンソールを備える。新たなクライアントセンサーにより、リモートワーカーの各クライアントにおける挙動をVPNへの接続・非接続を問わず網羅的に可視化・保護。クラウドネイティブにより、AWS Marketplaceを介して完全クラウドホスト型の製品を柔軟に提供できるとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ