このページの本文へ

テレワークやシェアオフィス向けのType-C専用モバイルドッキングステーション発売

2021年01月22日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンワサプライは1月21日、テレワークやシェアオフィス向けType-Cモバイルドッキングステーション「USB-3TCH30BK」を発売した。ノートパソコンと周辺機器に本製品で一括接続できるため、デスクトップパソコンと同等の作業環境を実現。

 映像出力用としてHDMIポート、VGAポートを搭載しており、HDMIは最大4K30Hz(4096×2160)、VGAは最大1920×1200の高画質な映像を出力可能。USB Type-C接続でのHDMIディスプレー増設「DisplayPort Alternate Mode」に対応することから、ソフトウェアのインストールが必要なく、手軽にミラーモードや拡張モードが可能。

 LANポートは伝送速度1Gbpsを実現した1000BASE-T準拠で、LANポートがないノートパソコンでも有線LANで安定した速度で快適に作業が行なえる。

 USB Power Deliveryに対応したUSB Type-Cポートは、別途ACアダプターに接続することでハブ経由でノートパソコンを給電可能。そのほか、USB 3.2 Gen1対応のUSB Aポートを備え、ハードディスクやUSBメモリーなどの周辺機器を接続できる。

 ケーブルの長さは50cmあり、ディスプレーケーブルが短い場合でも余裕を持った配線を実現。また、付属品の面ファスナーを活用することで本製品を固定することが可能。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン