このページの本文へ

リコー、業務ポータルソフトウエア「RICOH Desk Navi」提供開始を発表

2021年01月21日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 リコーは1月21日、企業のペーパーレス化を進め、電子化された環境で情報の一元管理を実現する、業務ポータルソフトウエアの新製品として「RICOH Desk Navi」を1月25日に発売すると発表した。

 今回発売のRICOH Desk Naviは、2015年2月に発売した中小企業向け文書管理ソフトウエア「RidocDesk Navigator V4」の後継製品。従来の文書管理機能や複合機連携はそのままに、新たな機能を追加して業務における使途を拡充した業務ポータルソフトウエアとして提供予定。

 新たにファイルサーバーやNAS上に文書保管庫を作成し共同編集することが可能な「かんたんキャビネット」機能の追加。Microsoft 365のあらゆるデータをわかりやすく整理できる「おしごとルーム」では、業種や業務にあわせた形で情報を共有でき、ユーザー間の共同作業が行ないやすくなったと言う。

 また、メーラー機能を新たに実装したことで、本製品上で、「おしごとルーム」や文書管理サーバー、ローカルキャビネットに保管されたデータに加え、メールデータも横断して検索することができる。必要な情報を効率的に探しだすことが可能とのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン