このページの本文へ

ローカル5Gが体験できる「Local5G Innovation LAB」を開設

2021年01月18日 10時00分更新

文● APRESIA Systems株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

APRESIA Systems株式会社
~ローカル5G SA方式のシステムによる検証環境を構築~


APRESIA Systems株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 末永正彦、以下、APRESIA)は同社のつくばネットワーク技術センター(茨城県土浦市)内に、弊社ローカル5Gシステムを用いた検証環境を構築し、最新の無線通信技術の検証やローカル5Gを体験可能な施設である「Local5G Innovation LAB」を開設致します。

当該施設は、2020年度内に制度化が進められているローカル5G向けの4.5GHz帯を利用し、5Gの3つの特徴である「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」を利用できるStand Alone方式を採用したローカル5Gシステムをご用意し、無線技術の検証や無線機器端末との相互接続を実施可能です。また、ローカル5Gを体験してみたいというお客様向けにローカル5Gシステムを利用したデモンストレーションや、無線環境下でのアプリケーションと無線の最適な選択、使い分け、比較を実際に検証・体験いただけます。これまで多くのお客様から新しい無線技術のローカル5Gを体験してみたいというご要望から、将来の導入に向けての検証、関連ソリューションとの接続確認など、ユーザー様のニーズに合わせてご利用いただけます。ご来場は、コロナ感染防止の観点から予約制となっており、下段ローカル5Gが体験できる「Local5G Innovation LAB」紹介ページよりお申込みいただけます。

※当面は、国や都道府県自治体の要請による制限などの状況にあわせた日程調整となる場合がございます。また、開設当初は無線技術の検証を中心とした運用とさせていただいております。よろしくご理解のほどお願いいたします。

【システム構成イメージ】

なお、当該施設におけるローカル5G無線局免許は現在申請準備中となるため、免許が交付されるまでの検証はシールドボックス内での無線検証 または 無線区間を同軸ケーブルで接続しての検証です。

ローカル5Gシステムについて
APRESIAはモバイル通信市場においてフロントホール、バックホールなどのネットワーク領域にイーサネットスイッチを提供してきました。このモバイル通信市場で積み重ねてきた実績とノウハウを元に、いち早くローカル5G対応機器の開発に着手しています。2020年9月にはPoC用のローカル5G機器をリリースし、2020年度内に商用製品としてローカル5Gシステムのリリースを予定しています。
■ APRESIA Systems ローカル5Gソリューション
URL:https://www.apresia.jp/solution/local-5g_top.html
■ ローカル5Gが体験できる「Local5G Innovation LAB」紹介ページ
URL:https://www.apresia.jp/solution/local-5g_lab.html

* PoCとはProof of Conceptの略で、新しい技術や理論、アイデアなどに対し実現性や効果などを確認するための検証工程のことを指します。
* Stand Alone方式とはLTEシステムを必要とせずに、5Gシステムのみで動作する無線アクセスネットワーク構成です。

APRESIA Systems 株式会社
APRESIA Systems株式会社は、国内に本社を持つ、L2/L3スイッチ「APRESIAシリーズ」を中心とした情報ネットワーク機器を製造・販売するメーカーです。長年培った技術に磨きをかけ、高度化する通信技術に対応しつつ、情報システムという社会に必要不可欠なインフラへ更なる付加価値を提供することで、お客様の発展を支えてまいります。
URL:https://www.apresiasystems.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン