このページの本文へ

KnowBe4、SAYA Universityと協業して、日本語トレーニング コンテンツを増強

2021年01月18日 09時00分更新

文● ノウ・ビフォー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ノウ・ビフォー
~日本特有の商習慣・制度や国民性に起因するハッキングの手口を学習することを可能に~


東京 (2021年1月18日発) --世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン)は、SAYA Universityを同社のトレーニングコンテンツプロバイダーとして追加することを発表しました。

SAYA Universityは、誰もがサイバーセキュリティ攻撃から身を守る方法を楽しみながら学ぶことをミッションに、米国KV Equity Partners社にて設立されました。日本企業に向け、eラーニングにてセキュリティ意識向上トレーニングを動画で提供することに特化しています。

KnowBe4は、2010年の設立以来、トレーニングコンテンツプロバイダーとのパートナーシップを通して、トレーニングコンテンツ提供のあり方を根本から変え、セキュリティ意識向上トレーニングに大きな影響をもたらしています。KnowBe4は、The Security Awareness Company、Securable.io、Popcorn Training、exploqii、Canada Privacy Training、Twist & Shout、TeachPrivacy、Syntrio、El Pescador、CLTRe とのパートナーシップを締結し、進化し続けるソーシャルエンジニアリング攻撃の最新情報をトレーニングモジュールとして提供することを可能にしてきています。Knowbe4 の世界最大のライブラリーModStoreには、2021年1月7日現在で

1,200種類以上の教育トレーニングコンテンツ
296種類以上のインターラクティブトレーニングモジュール
413種類以上のビデオモジュール
224種類以上のポスターとアートワーク
240種類以上のニュースレターとセキュリティドキュメント
26種類以上のゲーム
7,400種類以上のフィッシング詐欺訓練メールテンプレート

が掲載され、34か国語による多言語対応でグローバル企業のご要望にお応えしております。

今回、SAYA UniversityをKnowBe4のトレーニングコンテンツプロバイダーに追加することにより、日本特有の商習慣・制度や国民性に起因するハッキングの手口を学習できる同社のトレーニングコンテンツが提供できるようになります。第1弾として、「日本年金機構の情報漏えいとその対策」トレーニングがKnowbe4のModStoreよりリリースされました。

今後、数か月以内にModStoreに次のような一連の新しいコンテンツが追加されます。


SNSとスピアフィッシング
テレワークと水飲み場攻撃
コロナウイルスワクチンのハッキング
ビジネスEメール詐欺にご用心
USBドロップ攻撃とランサムウェア

SAYA Universityの共同設立者であるジョナサン・ヒロシ・ロッシ氏は、今回のKnowBe4とのコラボレーションについて次のようにコメントしています。「すべての男性、女性、子供がサイバーセキュリティ攻撃から身を守る方法を身につけて頂くことがSAYAのビジョンです。1億2600万人の日本の人々に当社のeラーニングライブラリを利用できるようにするために、KnowBe4とのコラボレーションはこれに近づく上での一助となると考えています。 米国を拠点とする世界最大のサイバーセキュリティ教育プラットフォームとして、日本のセキュリティ意識を高めるコンテンツを世界の35,000社以上の企業に提供できることを光栄に思っています。 日本では、企業の従業員や一般の人々の間でサイバーセキュリティに関する意識と知識が大きく不足しています。この状況は徐々に変化しつつあり、日本が経済力に見合った世界的な地位を確立するために、私たちはこの取り組みをリードしていきたいと考えています。」

KnowBe4 Japan合同会社の日本代表マネージングディレクターである根岸正人は、SAYA Universityのコンテンツを次のように評価しています。「同社の豊富なコンテンツの多くは、実例を参考に作られています。実例を使うことで、その手口と対処法を効率的に学ぶことが可能となります。また、日本特有の商習慣や制度、更には国民性に起因するハッキングの手口を学ぶことを可能にしています。そして、同社のコンテンツのもう一つの特徴は、コンテンツがアニメ動画であるという点にあります。巷に溢れる退屈な教育コンテンツでなく、アニメ動画とすることで受講者の記憶に刷り込んでいくことできます。過去に見たアニメのストーリーは、記憶として残るが、これまでの教育教材の内容は数日すれば忘れ去られています。これは、KnowBe4が提唱する「新しい学び方」を実現するセキュリティ意識向上トレーニングと一致するものです。また、効率的なトレーニングという観点でも、KnowBe4の考え方と一致します。今回、SAYA Universityとの協業を決定した理由はここにあります。
KnowBe4はセキュリティ意識向上トレーニングにおけるNetflixになることを目指しています。今回のSAYA Universityとの提携は、その一環であり、日本におけるセキュリティ教育のゲームチェンジャーになると考えています。」

KV Equity Partners Japan合同会社代表である柏木義貴氏はSAYA Universityの効率的なトレーニングについて次のようにコメントしています。
「サイバーセキュリティのトレーニングは、全従業員が行ってこそ意味があります。また、知識を有するだけでは効果は薄く、一人一人の実際の行動パターンが変化して、初めてサイバー攻撃に対し堅牢な組織となります。行動パターンを変えるには、定期的に学習する必要がありますが、全従業員の合計学習時間を考えると膨大な時間となり、セミナーや研修などの従来の方法は効率的ではありません。弊社の動画コンテンツは、従業員の皆様の多忙な業務に容易に組み込めるよう、一つ一つのエピソードは数分と短く製作されています。スキマ時間などにログインして一つのエピソードを見る。生産性を落とすことなく、企業の防衛力を高めることを可能としました。」

KnowBe4のセキュリティ意識向上トレーニングの詳細については、https://www.knowbe4.jp/knowbe4-training-modules-overview/をアクセスしてください。

SAYA Universityについてさらに知りたい方は、https://www.sayauniversity.com/ja/をアクセス、またはsafety@sayauniversity.com までお問い合わせください。

KnowBe4について>
KnowBe4は、セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーです。KnowBe4は、IT/データセキュリティ・エキスパートであるStu Sjouwerman(ストゥ・シャワーマン)によって2010 年8 月に米国フロリダ州タンパベイで設立され、セキュリティの「人的要素:ヒューマンエラーの克服」にフォーカスして、ランサムウェア、CEO攻撃/詐欺、ビジネスメール詐欺(BEC)を始めとする巧妙化するソーシャルエンジニアリング手口などの社員ひとり一人のセキュリティに対する認識を高めることで、「人」を狙うセキュリティ脅威から個人、組織、団体を防御することを支援しています。世界で最も著名なサイバーセキュリティ・スペシャリストであるKevin Mitnick(ケビン・ミトニック)がCHO(Chief Hacking Officer)を務めています。同氏のハッカーの視点に立った知見をベースにKnowBe4のトレーニングプログラムは組み立てられています。2020年10月現在、 3万5千社を超える企業や団体がKnowBe4を採用して、防御の最終ラインとして「人」による防御壁を構築しています。また、日本においては、2019年11月にKnowBe4社の100%出資日本法人「KnowBe4 Japan合同会社」を東京都港区に設立し、2020年2月1日付けで日本代表マネージングディレクター 根岸正人が就任し、日本国内での本格的な販売及びマーケティング活動を開始しました。 https://www.knowbe4.jp/

SAYA Universityについて>
SAYA Universityは、サイバーセキュリティ、データプライバシー、コンプライアンスをテーマとした多言語のeラーニングコンテンツを制作しています。 SAYAのコンテンツは、日常生活に存在する一般的なサイバーセキュリティのリスクに対して、企業の社員や一般の人々の知識を高めることを目的としています。 国際的な専門家からなる多様なチームによって設立され、デジタルトランスフォーメーションの旅が安全で生産的なものになるように、サイバーセキュリティをすべての男性、女性、子供の意識の中に高めることを使命としています。 1億2600万人の全国民に届くことを目指し制作された日本オリジナルシリーズは、オンデマンドのeラーニングプラットフォームとして日本で配信される最も包括的なライブラリーです。https://www.sayauniversity.com/ja/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン