このページの本文へ

1月24日9時開業予定

JR東日本、エキナカ初のeスポーツ施設を松戸駅にオープンへ

2021年01月15日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ジェクサー・eスポーツ ステーション」外観

 JR東日本スポーツは1月14日、松戸駅中央改札口前にJR東日本エキナカ初のeスポーツ施設「ジェクサー・eスポーツ ステーション」をオープンすると発表した。オープンは1月24日9時を予定している。

 本施設は、千葉県松戸市松戸駅の中央改札口前、旧びゅうプラザ跡地にオープン予定。施設内にはパソコン席(20席)とイベント&コミュニティーエリア(オープン席12席)が設置される。

パソコンエリア内観

 ゲーミングパソコンを20台設置し、ゲーミングモニターは「ZOWIE」の現行フラッグシップモデル「XL2546K」を全席に設置。また、スポーツタイトルを中心におよそ30タイトルのゲームが用意される。

 オープン席は休憩やプレイヤー同士の情報交換の場として利用できるほか、プロチーム所属のプロeスポーツ選手が参加するイベントなど、情報やサービスを提供する予定。

松戸駅案内図

 エキナカ改札前の立地を活かし、ドリンクバーを設置し、テレワーク拠点、教育・資格取得等、勉強用タイトルや、マンガ・雑誌等の電子書籍の閲覧、動画編集等、ワーキング・スペースや休息の場としても利用できる。

 営業時間は9時~22時。料金は、パソコンエリアが最初の30分350円、以降10分ごとに100円。初回のみ入会金100円が必要(開業後3ヵ月間は無料)。イベント&コミュニティエリアは、最初の30分250円、以降10分ごとに50円。フリードリンク付きや、パック料金プランも用意される。

 なお、本施設はeスポーツイベントの企画やオンラインゲームのネットカフェパブリッシングを手掛けるテクノブラッドと業務提携して運営する。

平面図

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン