このページの本文へ

イマクリエイトの「ナップ」を活用した医療実習のバーチャルトレーニングを京都大学と共同開発。

2021年01月13日 10時00分更新

文● イマクリエイト株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イマクリエイト株式会社
実際の医療現場に立つ医師の「動き」を繰り返し練習し「慣れる」ことで技術を習得する、非対面・非接触による新しい医療実習を実現。

バーチャルテクノロジーでカラダの動きをデータ化し、社会実装を進めるイマクリエイト株式会社(本社:東京都港区、代表者:山本彰洋、川崎仁史、以下イマクリエイト)の体の動きをデータ化する技術「ナップ」が京都大学大学院医学研究科(以下、京大)に採用され、非対面・非接触でも可能な医療実習の実現を目的に、共同で医学部生向けのバーチャルトレーニングを開発しました。


「ナップ」を活用した医療実習のバーチャルトレーニングの紹介動画




■「ナップ」導入の背景
昨今の新型コロナによる環境の変化から、医学部生が実際の患者を相手に医療実習を行うことが難しくなりました。しかし、座学や、動画やVRなどの映像を見て学ぶというだけでは、「実際に自分でやってみる」経験ができないため、医療技術の習得は困難です。そこで、3Dモデルを使って体の動きそのものをバーチャル空間上に可視化するイマクリエイトの「ナップ」を活用し、実際の医療現場に立つ医師の動きをバーチャル上に表示、医学部生が自らの体を動かしながら仮想の患者を相手にその動きを反復練習することができるバーチャルトレーニングツールを開発しました。
これにより、医学部生は患者や医師と非対面・非接触で医療技術の習得が可能になるほか、バーチャルトレーニングであるため、時間や場所、専用の模型の有無を問わない実習も可能です。


医師の動きを可視化
仮想の患者を相手にした診察


本ツールでは、バーチャル空間上で腹部触診・胸部聴診・膝蓋腱反射の診察技術の習得が可能です。

■「ナップとは
「ナップ」は、これまで画像や動画など2Dとしてしか見ることができなかった様々な”動き”を3Dモデルを活用することでバーチャル上に立体的に再現し可視化する、イマクリエイト独自のバーチャル技術です。
現在の情報伝達の手段は「聞く」、「読む」、「見る」などが中心で、「伝える」ことが主であるために実体験を伴わせることはできませんでした。しかし、「ナップ」を活用すれば、バーチャル空間上に「入る」ことで、「伝える」と「体験する」を両立した情報伝達が可能になります。これによって、例えば、「動きをあらかじめデータ化しておくことで、その動きをお手本としてトレーニングをする」「動きを見ながらのマンツーマン指導を遠隔で行う」「自らの動きをリアルタイムで確認しながら練習する」「技術を動きとしてデータ化し、後世に残す」といった様々な活用が期待できます。

■企業情報
イマクリエイト株式会社
所在地 : 〒105-0014 東京都港区2-1-23ニューカナール1002
代表者 : 山本彰洋 川崎仁史
URL   : https://ima-create.com/

京都大学大学院医学研究科 医学教育・国際化推進センター
所在地 : 〒606-8501 京都府京都市左京区吉田近衛町
代表者 : 教授 小西靖彦
URL   : http://cme.med.kyoto-u.ac.jp/

■そのほか
京大によるプレスリリースはこちら。
https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news/2021-01-13


イマクリエイトは、バーチャルテクノロジーでカラダの動きをデータ化し、社会実装を進めることで、あらゆる産業、あらゆる人々が世界を再発見するきっかけづくりを進めてまいります。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン