このページの本文へ

リリース半年で168か国において約4.5万DLされた感情日記アプリ「Feelyou」を開発・運営する「bajji」株式投資型クラウドファンディングを開始

2021年01月12日 12時32分更新

文● 株式会社bajji

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社bajji
~日本発グローバル企業を目指す!~

世界中の人々の不安や孤独感を緩和、解消させることを目的とし、感情シェアと共感でウェルビーイングを高める感情日記SNSを目指すマインドフルネスアプリ「Feelyou(フィールユー)」の開発、運営を行う株式会社bajji(東京都 代表取締役:小林 慎和)は株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2021年1月16日(土)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。 *本案件は新株予約権のお取り扱いになります。





【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/187

当社プロジェクトとクラウドファンディング実施目的について
ニューノーマル時代の感情ビッグデータプラットフォームとして、世界中の人々の不安とストレスを解消する

株式会社bajjiは感情シェア・共感による「つながり」と自分の気持ちを把握する認知行動療法の一つ「感情日記」を組み合わせた居心地の良い感情日記SNS「Feelyou」の開発に成功しています。リリース半年で米国、欧州、日本を中心に世界168カ国、約4.5万ユーザーを獲得して有料会員も順調に増加しています。また2020年12月にはGoogle Playベストオブ2020「隠れた名作部門」対象を受賞し、日本での認知も広がりつつあります。この度、急成長するマインドフルネス市場に向けて、アスリートのメンタルコンディションの調整や企業の福利厚生等法人向けの展開、全世界のエモーショナルデータを蓄積して独自の感情マーケティングやD2Cブランドを展開するビッグデータカンパニーを目指し、2021年1月8日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたしました。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2021年1月16日~2021年1月18日、上限とする募集額は 99,900,000円(1口 9万、1人 5口まで)です。




bajjiの強みは、代表小林のビジネス経験です。小林はこれまで、野村総合研究所で海外展開を中心としたコンサルティングを9年経験し、グリー社に移り、海外事業展開に従事してきました。また、これまで国内外で5社を創業し、2社をバイアウトへと導いてきました。実業家としても評価されており、2015年にはThe Asian Entrepreneurに日本人として唯一選出されました。さらにBBT大学の重教授としての一面も持っています。こうしたグローバル仕様の経営戦略を「Feelyou」のUI含めビジネス展開へと活用し、「Feelyou」を通じて蓄積した感情データを分析し、弊社独自のD2Cブランドの展開や、従業員のメンタル状況を把握したい企業のニーズ等、感情をフックにした新しいサービスへと発展させ、「Feelyou」を日本発の世界を席巻するアプリケーションへと成長させ、企業の成長を目指します。




■会社概要
・会社名:株式会社bajji
・所在地:東京都台東区柳橋2丁目1番11号Barq SHINSO BLDG 403
・代 表:小林 慎和
・設 立:2019年4月
・事業内容:ブロックチェーンを活用したソーシャルネットワーキングサービスの企画、開発、運用および提供
・URL : https://www.corp.bajji.life

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン