このページの本文へ

電通ジャパンネットワーク傘下 株式会社カローゼット/コミュニティの活性化に貢献する、個人所有資産のCtoC無償貸し借り支援サービス『Rentastic!』提供開始

2021年01月12日 11時00分更新

文● 株式会社カローゼット

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社カローゼット
 株式会社電通グループ(本社:東京都港区、社長:山本 敏博;以下「電通グループ」)の100%直接出資子会社である、株式会社カローゼット(本社:東京都港区、社長:内藤 丈裕;以下「カローゼット」)は、特定のコミュニティ内で個人が所有する資産の無償貸し借りを支援するWEBプラットフォーム「Rentastic!(レンタスティック)」の提供を 本日より開始いたします。「自己所有資産を貸した時間分だけ、人の資産を無償で借りられる権利が与えられる」 という弊社独自のモデルを独占的にサービス提供可能となる特許(2020年に登録済)を活用したRentastic!を通じ、導入コミュニティの活性化、利用者の方々の生活利便性の向上、経済負荷の低減などに貢献してまいります。




                       https://rentastic.jp/





Rentastic!とは、


●特定の街やマンションの住民同士
●特定の企業の従業員同士

など、個々のクローズドなコミュニティ内で会員個人が所有する様々な資産(アイテム)を『会員間で無償で貸し借りし合う』ことを支援するために開発されたWEBプラットフォームです。

コミュニティ内において、自分のアイテムを他のユーザーに1日貸すともらえる1Renta!を使うと、別のユーザーのアイテムを1日無料で借りられる。自分のアイテムを他のユーザーに貸した日数分だけ、また別のユーザーのアイテムを無料でレンタルできる。これが「レンタル料無料」を実現する独自スキームとなっています。



例えば、押入れに眠るスーツケースを「7日間」貸して手に入れた「7Renta!」のうち、「3Renta!」を使って、買うかずっと悩んでいたロボット掃除機を「3日間」無料でレンタル。さらに「4Renta!」を使って、ベランダやカーポートの大掃除に使ってみたかった高圧洗浄機を「4日間」無料でレンタル、などが想定される使い方です。

家に眠るアイテムを有効活用して、いま必要なものを無料でレンタル!
これが、毎日がちょっと豊かで楽しくなる、ファンタスティックなレンタル経験、Rentastic!









プロオーナー制度に関して

Rentastic!には、「新商品を多くの消費者に知ってもらいたい」「R&Dの参考に消費者の使用感を聞いてみたい」など様々な目的をもった企業(プロオーナー)も多数のアイテムを登録しています。自分のアイテムを貸したことで手に入れた Renta! をお使いいただければ、これらプロオーナーの登録アイテムも全て「レンタル料無料」でレンタルを お楽しみいただける仕組みとなっています。
※プロオーナー登録アイテムのレンタルには、アンケートへの回答など、条件が設定されている場合があります。

プロオーナーアイテムの一例




ユーザーの保護対策について ~安心な「レンタル体験」のために~

Rentastic! は全ユーザーがアイテムを「借りる側」にも「貸す側」にもなるサービスですので、その発展のためには「ユーザーの安心感の担保」が何よりも重要であると弊社では考えています。 そこで「借りたアイテムを使っていたら手が滑って落下、壊してしまった…」「借りたアイテムで遊んでいたら目を離したすきに、盗まれてしまった…」、このような時に、1ユーザー当たり「年間最大10万円」まで借りたアイテムへの損害が補償される保険を Rentastic! では全ユーザーに自動付帯しています。貸し借りが同じコミュニティ内の会員同士に限られるだけでも安心ですが、 さらにこの保険を加えることでユーザーの安心感をより一層高めています。






Rentastic! プラットフォームの導入決定プロジェクト(2021年1月10日現在、代表例のみ例示)

・街、マンション導入など ~住民向け、生活利便性向上/住民間のコミュニティ発展を目指して~



三菱地所が1974年のまちびらき から現在まで分譲を継続している約1万世帯が居住する仙台市泉区所在の総開発面積約1,074haの 大規模開発。ホテル・商業施設・事務所・スポーツ施設等、多彩な生活機能も備えた複合型のまち。




東横線エリア最大級の大規模複合開発案件、プラウドシティ日吉。この敷地内に拠点が設置されるACTO日吉は、近隣住民などだれにでも開かれたオープンコミュニティ。各種施設を「まちの共用部」として開放するユニークな取り組み。




神奈川県藤沢市にうまれた『Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(Fujisawa SST)』は、パナソニックが中心となり先進的な取り組みを進める複数のパートナー企業と藤沢市の官民一体の共同プロジェクト。


・企業導入など ~従業員向け、生活利便性向上/経済負荷低減/従業員間のコミュニティ発展を目指して~


既に、複数の企業内における社員コミュニティ利用導入案件も決定済みです。また今後、採用企業の更なる開拓に向けて(株)ベネフィット・ワンが提供する福利厚生サービス『ベネフィット・ステーション』とのサービス業務提携も開始します。


・その他
国土交通省 令和2年度「住まい環境整備モデル事業」に「鎌倉多世代間交流拠点」プランが選定。


CtoC「売買」に比して、未成熟市場であるCtoC「レンタル」に挑む理由


関連特許 6663090号、6757478号
繰り返しになりますが、CtoCレンタル成否の鍵は、ユーザーの安心感を如何に担保するかにかかっていると弊社では考えています。「自分の大切な資産を貸して盗まれたら…」「雑に扱われたら…」と不安を感じるのは極めて一般的なことであり、この懸念こそがこれまでCtoCレンタル市場拡大に立ちはだかる最大のハードルでした。そこで、Rentastic!では「規模」よりも「質」を重視し、敢えてクローズドなコミュニティ内での活用を前提にしたサービス設計、システム開発を行いました。
同じマンションの住民同士、同じ会社の従業員同士であれば「盗まれる」「雑に扱われる」などは考え辛い、さらには(前述の)保険も自動付帯しているから安心して楽しめる、このような安心感を感じていただきながらCtoCレンタルをお楽しみいただけること、これが Rentastic! 最大の特徴です。
またコミュニティ内においては、レンタルの対価として金銭を支払う所謂「シェアリングモデル」よりも、「1日貸せば、1日借りられる」、つまり自分がコミュニティに対して貢献した分だけ、自分も便益を享受できるという、既に昨年登録済みの特許に守られた独自の「カローゼットモデル=相互扶助モデル」の方がコミュニティ内での利用が活性化すると考えられ、弊社の強みを最大限に活かせると考えています。


弊社が提唱する「Open Personal Asset (OPA)」の概念

「向こう三軒両隣」最近耳にすることも少なくなった言葉ですが、日本には古くから伝わる大変素晴らしい文化があります。お金をもらって何かを貸してあげる、お金をもらって何かをしてあげるのではなく、「味噌と砂糖がきれたからちょっと分けてちょうだい」「この果物、お遣い物にいただいたので、この前のお返しにお裾分け」というやり取りに象徴される隣人同士の相互扶助。我々は、近隣に居住する住民同士が助け合うことで豊かな社会を築いてきたこの素晴らしい日本の文化を、ITの力をつかって現代風に蘇らせたい、という理念を掲げています。


Open Personal Asset(OPA・オーパ)という弊社が提唱する概念は、OpenなPersonal Assetという考え方、つまりは、個人所有の資産をコミュニティ内で「互いに無償で」共利用し合うことを意味しており、今回サービス提供を開始するRentastic! は、この概念を具現化したものとなっています。将来的には「主婦の労働力を無償で貸し借りし合う」など無形資産も共有できる仕組みを構築できれば、核家族化、少子高齢化に直面する現代社会において、新たな社会課題解決のためのソリューションとしての発展も期待されます。






株式会社カローゼット 会社概要

会社名 : 株式会社カローゼット(Caroset Inc.)
設立日 : 2018年10月5日
本社所在地 : 東京都港区東麻布1-10-12 カメダビル3階
資本金 : 8,000万円
代表者 : 代表取締役社長 内藤 丈裕
株主 : 株式会社 電通グループ(出資比率100%)
業務内容 : 『自己資産を貸した時間分だけ、他人の資産を無償で借りる権利が与えられる』
    特許取得済の独自モデルによる『個人資産の使用貸借プラットフォーム』の企画、運営業務
ご参考URL : https://caroset.co.jp/
https://rentastic.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン