このページの本文へ

愛知県・名古屋銀行がクラウドローンへ参画

2021年01月08日 14時50分更新

文● クラウドローン株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クラウドローン株式会社
クラウドローン株式会社(代表取締役:村田大輔 以下、クラウドローン)が提供する日本初の銀行提案型ローン比較サービス「クラウドローン」(※)に、愛知県に拠点を置く名古屋銀行の参画が決定しました。

愛知県を中心に営業する名古屋銀行の参画によって、東海エリアのクラウドローン利用者にとって、自分のライフスタイルに合った銀行ローンを選ぶことが可能になります。 ※クラウドローンとは、利用者から提供を受けたデータをもとに、銀行が直接銀行ローンに関する情報を提供することで、利用者にとって銀行ローンの効率的な比較検討が可能になるサービスです。




【参画の背景】
一般的に、銀行ローンの比較検討においては、アフィリエイトサイトなどで商品概要書記載の条件を比較せざるを得ず、個人毎のカスタマイズされた借入可能金額をもとに比較検討できない課題がありました。
また、銀行側にとっても、リスティング広告やパンフレットなどの伝統的な広告手法では、与信が取れない利用者や採算が合わない利用者を集客してしまう課題がありました。
クラウドローンでは、利用者が事前に情報を登録することで、利用者と銀行の情報格差を減らし、両者にとってメリットのあるマッチングを実現します。


【今後について】
クラウドローンはより精度の高いマッチングを実現するべく、2020年度内に大幅な機能アップデートを予定しています(正式リリースは2021年1月下旬以降を予定)。本レベルアップにユーザーはより自分のライフスタイルに合った銀行ローンをより正確に選ぶことが可能になります。

また、クラウドローンでは、今後も積極的に各地の地域金融機関の参画を増やすことで、銀行ローンの利用者の選択肢を増やし、より自分に合った銀行ローンを選択できるサービスの実現を目指していきます。


■クラウドローン株式会社について
「銀行ローンにおいて情報格差のない社会の実現」をビジョンに掲げ、2020年1月より日本初の銀行提案型ローン比較サービス「クラウドローン」を提供開始。サービス提供開始後、約10ヶ月でクラウドローンに登録されたローン案件は100億円を突破。
2020年6月、ジェネシアベンチャーズ、エムアウトより資金調達を実施。クラウドローンを通じて、銀行ローンの借り手と貸し手をつなぎ、すべてのひとをお金の悩みから解放し、経済的に自由に人生を選択できる社会の実現を目指す。


■ 株式会社名古屋銀行について
「絆をつくる、明日へつなぐ。」をスローガンに掲げて、愛知県を中心にサービス展開する銀行。2020年3月期 総資産 3兆9,349億円、預金残高3兆5,701億円(譲渡性預金含む)、貸出金残高 2兆8,219億円。


■クラウドローン株式会社 会社概要
本社所在地 :東京都新宿区西新宿8-1-2PMO西新宿6F
代表者   :代表取締役 村田 大輔
設立  :2018年7月5日
資本金   :8,700万円(資本準備金含む)
事業内容 :ローンマッチングプラットフォーム「クラウドローン」運営
URL   :https://crowdloan.jp/(サービスサイト)
      http://corp.crowdloan.jp/(コーポレートサイト)


■株式会社名古屋銀行 会社概要
本店所在地 :愛知県名古屋市中区錦三丁目19番17号
代表者 :取締役頭取 藤原一朗
設立   :1949年
資本金 :250億(2020年3月期)
URL  :https://www.meigin.com/index.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン