このページの本文へ

エアロダインがオーストリア、スイス、ドイツに進出 QUANTO及びTaku Internationalと業務提携を締結

2021年01月06日 09時00分更新

文● エアロダインジャパン株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エアロダインジャパン株式会社
【グローバルPR抄訳】

本プレスリリースは、2021年1月5日にマレーシアで発表されたニュースリリースの抄訳版です。 - IT・戦略コンサルタントのQUANTO社とTaku Internationalと業務提携。 - スマートドローンソリューションの提供エリアをDACH圏(ドイツ、オーストリア、スイス)に拡大。




マレーシアに本社を置く国際的なドローンソリューションプロバイダーであるAerodyne Group(以下、「エアロダイン」)は、欧州本部であるAerodyne Europe UAV Ltd.を通じて、ドイツを拠点とするQUANTO AG(以下、「QUANTO」)およびTaku International LLC(以下、「Taku」)とパートナーシップ契約を締結しました。本業務提携は、オーストリア、スイス、ドイツの3カ国を中心に、エアロダインの先駆的なDT3ソリューション(ドローン・テック、データ・テック、デジタル・トランスフォーメーション)を提供することを目的としています。

QUANTOはDACH圏(ドイツ、オーストリア、スイス)の大手IT・経営コンサルタント企業です。QUANTOは、大規模プロジェクト管理、SAP(R)ソリューション、サイバーセキュリティ、IoT、AIソリューションの分野で豊富な専門知識を有しています。

Takuはテクノロジー戦略・導入支援企業として、有人・無人航空機のIoT、AI、航空センサー技術、関連サービスなどのノウハウを提供しています。

QUANTO とTakuはDACH圏のさまざまな業界に向けて、エアロダインのスマートドローンソリューションと革新的なデータ分析技術を提供していきます。これにはDT3の基幹となる、AIを搭載したエンドツーエンドのクラウド型アセットマネージメントソリューション「vertikaliti」が含まれます。

エアロダインCOO Rossi Jaafarコメント:
「QUANTO およびTakuとのパートナーシップ構築を大変嬉しく思います。今回の提携は、弊社が進出先の市場において、その地域で活躍しているテクノロジーソリューションプロバイダーとシナジーを生む関係を構築するという、弊社の戦略を色濃く反映したものとなりました。この戦略的なコラボレーションは、弊社の唯一無二な最先端のインテリジェンスとアナリティクスを備えたドローンサービスの最適な価値提案を、ドイツ、スイス、オーストリアの各市場に提供します。」

QUANTO マネージングパートナーJens Brakhageコメント:
「エアロダインとのパートナーシップをとても楽しみにしています。お客様のバックエンドシステムに統合されるDT3ソリューションのニーズは、我々の市場でも日増しに高くなっています。ドローンソリューションが企業にもたらす情報は、SAP(R) S/4HANAのような先進的なシステムが中心となって補完されるでしょう。」

TakuマネージングメンバーKarin Hollerbachコメント:
「今回のコラボレーションは、補完的なスキルを持つ組織が一緒になることで、新たに何が可能になるかを示すエキサイティングな事例です。本パートナーシップを通じて、3社が単独では出来なかったドローンデータ取得と統合ソリューションを、一つのサービスとして顧客に提供することが可能になります。」


【エアロダイングループとは】
2014年にマレーシアのクアラルンプールにて創業した「ドローン・ソリューション・プロバイダー企業」です。スマート・ドローン・ソリューション「DT3」(ドローン・テック、データ・テック、デジタル・トランスフォーメーション)により、広域にまたがって設置される電線網や通信鉄塔などのインフラ設備を始め、火力・風力発電施設やプランテーション、港湾設備、工事現場など、ドローンを用いて効率的に点検・モニタリングを行い、集めたデータを解析してクラウド型プラットフォームにて提供しております。大規模なデータ運用、分析、プロセス最適化を可能にする技術としてAIを活用しているエンタープライズ向けドローンソリューションプロバイダーのパイオニアです。

400名以上のドローンエキスパートによって、お客様からお預かりしている30万点以上の対象設備を点検しております。11万件以上の飛行実績を誇り、10万km以上に渡る電力インフラ設備を点検しております。2019年にはアジアでNo.1のUAVサービスカンパニー(*1)に選出されており、現在35カ国にてサービスを提供しております。日本では 2018年よりエアロダインジャパン株式会社を設立(代表取締役社長 伊藤英)し、日本企業に対しても順次サービスを提供開始しております。
*Aerodyne Group 会社概要はhttps://aerodyne.group/をご覧ください。

【QUANTO AGとは】
QUANTO AGは、公益事業や金融サービスなどの業界を中心に国際的に活動するコンサルティンググループ「QUANTO Group」の関連会社です。そのサービスは、バリューチェーン全体に沿った古典的なマネジメントとプロセスのコンサルティングから、高度なSAP(C)とITコンサルティングまで多岐にわたります。QUANTOはSAP(R)ゴールドパートナーです。QUANTOの本社はドイツにあり、オーストリア、スイス、ハンガリーにも拠点を構えています。
*QUANTO AG会社概要はhttps://quanto-group.deをご覧ください。

【Taku Internationalとは】
Takuは、エマージング・テクノロジーの戦略と導入のためのソリューション・プロバイダーです。Takuは、企業が新技術を取り入れるための移行プロセスを支援し、必要に応じて製品を開発することで、クライアントのニーズをサポートしています。本社はアメリカのサンフランシスコ・ベイエリアにあります。Takuは、センシング、IoT、AI、ML、オートメーション、エネルギー、健康、金融サービスなどの関連技術を中心に、北米とヨーロッパのクライアントにサービスを提供しています。
*Taku International会社概要はhttps://www.takuinternational.com/をご覧ください。


*1 Frost and sullivan社:“Asia-Pacific Best Practices Awards 2019” Asia-Pacific Unmanned Aerial Vehicle (UAV) Services Company of the Year

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン