このページの本文へ

アプリ不要のWebARカメラ「TOBIRA」が最新のOSアップデートに対応し動画の撮影も可能に!ブラウザだけで動画の撮影が可能になりました。

2020年12月25日 11時52分更新

文● 株式会社palan

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社palan
ブラウザだけで色々な写真が撮れるWebARカメラ「TOBIRA」が最新のiOS14.3に対応し、国内でいち早くWebARでの動画撮影に対応しました。

WebAR・WebVRのシステム開発を行う株式会社palan (本社:東京都渋谷区、代表取締役:齋藤 瑛史)が運営を行う、アプリ不要でブラウザだけで楽しい写真が撮影可能なWebARカメラ「TOBIRA(トビラ)」が動画の撮影に対応。ブラウザ上だけで動画の撮影や保存を行うことができ作品の表現の幅が一気に拡がりました。


■ 「TOBIRA」で動画撮影ができるようになりました!
Webブラウザだけで体験できるカメラサービス「TOBIRA」が写真の撮影に加え、最新のOSアップデートにいち早く対応し動画撮影にも対応いたしました。これにより色々なキャラクターのフレームやスタンプとともに動画を撮影することが可能になりました。
専用のアプリをダウンロードすることなくブラウザだけで動画の撮影を簡単に行うことができ、動画をスマホ端末に保存することも可能です。


お手元のスマホでデモ版をご利用いただけます。
下記QRコードからお試しください!



TOBIRA動画撮影機能活用例


フレームやスタンプを活用した動画を撮影・投稿いただくSNSキャンペーン
観光地やイベント会場に動画撮影スポットを設置し、オリジナルのTOBIRAをご利用いただく


「TOBIRA」のご活用について詳しい資料をご用意しております。
詳細につきましては「ビジネス活用方法」ページをご覧ください。
https://tobira.me/enterprise

■今回のプレスリリースの背景
12月15日にiOSのバージョン14.3が公開され、今回はいち早くその機能に対応しました。
今まではiOSのブラウザ上で写真撮影はできたものの、動画の撮影は難しく、特にWebARでの体験が制限されていました。
今回、最新のiOSアップデートにより、MediaRecorder APIというブラウザ仕様にiOSが対応し、その対応をTOBIRAでいち早く取り込み、今回のプレスリリースに至りました。
またこちらの記事で技術詳細を解説しています。
https://bagelee.com/programming/ios14-3-media-recorder-api/


■「TOBIRA」動画撮影機能概要
TOBIRAでの動画撮影はとても簡単。特別な操作を必要とせず各種フレームやスタンプをご活用いただき、あっという間にオリジナルの動画を撮影、保存することができます。


QRコードを読み込み「TOBIRA」を起動します
お好みのフレームやスタンプを配置し撮影ボタンを長押しします(4秒以上長押ししてください)
撮影結果画面に動画が再生されます
スマホに保存したり各種SNSに投稿したりして楽しみましょう



■TOBIRA(トビラ)とは?
Webブラウザで体験できるARカメラサービスです。
これまでは "映える" 写真をとるために、写真にスタンプやフレームを配置したり、フィルター機能でモノクロの世界観にできる写真加工アプリをダウンロードすることが主流でした。

しかし、TOBIRAならそんな面倒なダウンロードは一切不要!
「ちょっと一手間加えた写真や動画を撮りたいな」と思った時に、手軽にスタンプやフレームつきの映える写真や動画をSNSにシェアできます。
※有料スタンプやフレームの販売も可能です!プロモーションと販売を両軸で行っていただける新たな仕組みとしてご活用ください(詳細は下記プレスリリースをご参照ください)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000028239.html


アプリ不要で楽しめるWebARカメラサービス「TOBIRA」
https://tobira.me

■WebARについて
WebブラウザのみでARを実現する技術をWebARと呼び、現在企業のキャンペーンや販促などに広く用いられています。近年、WebARを利用したサービスを地方自治体、観光業界、エンターテインメント業界など、多くの企業より採用いただきサービス開発のパートナーとして制作・開発を行っています。
お問い合わせ増加の背景には、新型コロナウイルスの感染拡大を機に「非接触型」の新しい接客の形を模索し、顧客へより充実した体験を提供したいという想いをお持ちの企業の増加があります。

WebARの詳細はこちら
https://palan.co.jp/webar/
ニーズやご予算・納期に合わせた制作のご相談が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
https://palan.co.jp/contact/

■株式会社palanについて
株式会社palanでは国内の事例が少ない2017年頃からWebAR技術を用いた開発を続けております。
WebARのシステム開発開始以降、地方自治体、エンターテインメント業界等、幅広い業界よりサービス制作・開発を依頼いただいております。デジタルフォトフレームや、3Dの魚たちが現実世界を泳ぐWebAR水族館、社員の自己紹介やPR動画が流せるWebAR名刺などの話題サービスをどこよりも早く手がけて参りました。
今後も、お客様の声をもとにしながらWebAR技術の研究開発を進めて参ります。

【自社プロダクトのご紹介】
簡単にWebARが作成できるサービス「palanAR」
https://palanar.com

VR×ARによる新時代のEコマース体験「WebXRコマース」
https://webxr-commerce.palan.jp

WebARによるデジタルのスタンプラリーを簡単に作成「TOBIRALLY」
https://tobirally.com

■会社概要
会社名:株式会社palan
URL:https://palan.co.jp/
所在地:東京都渋谷区代々木1-58-16 清水ビル2F
代表取締役:齋藤 瑛史
設立:2016年11月1日
主な事業内容:ウェブサイト・ウェブシステムの企画・開発・実施・保守及びコンサルティング

【お問い合わせ】
株式会社palan
広報担当者: 嶋田
メール: contact@palan.co.jp
電話番号: 03-6555-4841

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン