このページの本文へ

Fun Groupが国内観光資源を活かした『上質な遊び』を提供開始

2020年12月25日 11時50分更新

文● 株式会社Fun Group

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社Fun Group
~遊びの原石を磨き、体験へと昇華する『体験プロデュース』を展開~

ハワイやバリ島などでアクティビティを企画・運営するFun Group(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三木健司)は、日本全国の観光事業者と組み、まだ知られていない遊び(アクティビティ)を発掘、商品化する体験プロデュース事業を始めます。


日本各地にはあまり知られていないアクティビティの素材が未だ多く眠っています。Fun Groupはそのなかからイノベーター層(※遊びに重きをおき、遊びに時間もお金も全力で投ずる熱量の高い人々のことを指すFun独自の定義)が楽しめる遊びの原石を発掘。地元の観光事業者とともに目の肥えたイノベーター層が満足できる体験品質へと引き上げます。先行してレーシングカートを選び、20年10月より完全招待制でお客様に提供してきました。

レーシングカートはF1への登竜門的スポーツとなっており、実際に現役F1ドライバーの大半がレーシングカート出身。カートの車高はとても低く地面スレスレを走行するため、体感速度は時速120km超。アジア人初のカート世界選手権優勝経験者・金丸ユウ選手をゲストに招いた本格レクチャー付で、初心者でも高揚感と没入感を味わっていただけました。

遊びに対する熱量が高い人のみが参加できるように完全招待制での運営中のため、その他商品内容は未公表。今後地方各地の観光事業者や遊び資源を持つ個人/法人との事業提携を加速し、カート以外の体験プログラムを企画していきます。今回限られた人数で催行することで新型コロナウイルスの安全対策を講しつつ、新たなコミュニケーションの形が確立できました。

<サービス開始の背景>
Fun Groupは国内外7都市に子会社を持ち海外アクティビティの企画・運営を行ってきました。M&Aや新設した現地催行会社にFun独自のオペレーションを導入することでバリューアップを図り、70ヶ国以上のユーザーにサービス提供をしてきました。海外アクティビティのプロデュース実績・ノウハウを用いて、日本国内の”まだ商品化されていないけど実は楽しい”遊びの原石を発掘していきます。

<会社概要>
・会社名    株式会社Fun Group
・所在地    東京都渋谷区広尾5-19-10 WILL HAGIYA BUILDING 3F 4F
・設 立    2014年1月30日
・代表取締役  三木 健司
・Webサイト  https://fungroup.com/ja

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン