このページの本文へ

ファミコンとラズパイでDOOMがヌルヌル動く驚きの工作キット

2020年12月25日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Raspberry Piを組み合わせ、ファミコンで「DOOM」を動作させることができる工作キット「FCカセットにラズパイ載せてDOOMがヌルヌル動いちゃう基板」が家電のケンちゃんに入荷。BAKUTEN工房による同人ハードで、価格は6480円だ。

ラズパイを活用してファミコンでDOOMを動かす!ユニークな工作キットが発売された

 FPSの先駆けとして知られるDOOMをファミコンで動作させるという、驚異のチャレンジを実現した工作キット。Raspberry Piがゲーム処理を担当し、ファミコンのPPUで描画するという離れ業で実現している。

 海外向けファミコン(NES)でDOOMを動作させる「NES DOOM」がベースになっており、それを技術系サークルのBAKUTEN工房がファミコン向けにアレンジ。やや画面に粗さはあるものの、オリジナルと遜色ないなめらかさで描画されるDOOMは一見の価値がある。

ゲームの処理はラズパイが担当し、ファミコンで描画させる。完成には半田ごてによる工作が必要だ

デモ用の旧基板から仕様が変更され、(加工次第では)カセットケースに内蔵することも可能になった

 デモ機の試作基板は、「Raspberry Pi 3 Model A+」やSODIAL開発ボード「FX2LP CY7C68013A」などの組み合わせて構成。基板類を収めることができるカセットケースも付属する。ちなみにキットは「基板全部むき出し」または「ラズパイだけむき出し」(ケースの加工が必要)、「基板全部ケース内蔵」(Raspberry Piの加工が必要)の3パターンから選んで組み立てることができる。

 なお、製品は好評に付きすでに完売。現時点では再入荷時期は未定となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン