このページの本文へ

★クラウドファンディング開始★【Sumataco除湿器】シリカゲルと発熱乾燥で何度でも!エコ素材が実現したハンディな除湿器をGREEN FUNDINGで販売開始!

2020年12月24日 15時04分更新

文● 株式会社Gloture

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社Gloture
【無毒・無臭・無音/クローゼットや本棚に】

株式会社Gloture(本社:東京都港区、代表取締役:CHEN JUNYI)は、GREEN FUNDINGにてエコ素材が実現したハンディな除湿器「Sumataco除湿器」のクラウドファンディングを本日12月24日より開始いたします。 キャンペーンページ https://greenfunding.jp/gloture/projects/4402





プロジェクト概要





\Sumataco除湿器のポイント/


・シリカゲルと発熱乾燥機能で何度でも使える画期的除湿機!
・エコ素材を使っているから安全無毒!
・360°全方位で湿気を吸い取り
・無音で静かにしっかり除湿
・2枚のセラミックPTC発熱体で除湿剤が素早く回復
・お部屋に合わせて横置き・縦置きどちらでも






画期的な「Sumataco除湿器」

靴棚、本棚、衣装棚など、湿気が多くて悩まされているところはありますか?
特に梅雨の時期などは、湿気による臭いやカビをわずらわしく感じますよね?
とはいえ市販の除湿剤だと買い替えが必要で、お金がかかってしまう上に、ゴミまで増えてしまいます。

そこで今回、私たちはこの繰り返し使うことができる「Sumataco除湿器」を開発しました!




繰り返し使って使い捨ての除湿剤とさよならしよう!

湿気の多い季節には、靴棚や本棚、衣装棚など狭いスペースは湿気りやすくなります。とはいえ使い捨ての除湿剤を使えば、湿気を吸収した後に廃棄され、ゴミが増えてしまいます。

「Sumataco除湿器」なら、食品除湿剤としてよく使われているシリカゲルを吸湿剤として採用。
吸湿力が落ちたら、電源に繋げて加熱、乾燥。
シリカゲルが復活して、再び湿気を取ることができます。

「Sumataco除湿器」なら無限に繰り返して使うことができるのです!






全方位からの吸湿で除湿効率アップ!








お部屋に合わせて横置き・縦置きどちらでも

本体サイズはコンパクトに設計。
高さは195mmで、これはiPad miniと同じくらい。底面は70mmだから、小さなスペースでも使えます。

転がりにくい安定した設計、小さくてコンパクト、湿気を自由に吸収できる、いろんなところで大活躍!:クローゼット/靴のキャビネット、収納ボックス、本棚など

※本製品は、面積5平方メートル 以下の狭いスペースに適しています。






テスト:濡れた新聞もすぐに乾燥

食品の除湿にもよく使われている吸湿力が最も高い材質、シリカゲルを吸湿剤として採用。
水びたしにした新聞をシリカゲルで覆うと、約10分間置いただけでほぼ元どおり。
火をつけるとすぐに燃えるほど乾燥しました!




無毒、無臭かつ非腐食性のエコ素材

シリカゲルの吸水ビーズは、フィルタ処理、蒸発、濃縮、乾燥などのプロセスを経て精製されており、無毒、無臭で腐食性もありません。

化学的に安定した素材なので、繊維や貴重品、食品、医薬品の除湿にも使えます!




2枚のセラミックPTC発熱体で除湿剤が素早く回復

本体にはセラミックPTC発熱体を2枚搭載。
優れた熱伝導率、均一な発熱により、水分を瞬時に取り除き、シリカゲルビーズの乾燥効率と還元効率を向上させることができました。

発熱中も臭いはなく、非導電性だから安全性も高い製品になっています。
家庭やオフィスなどのさまざまなシーンでの使用に適しています。

吸湿力が落ちても電源に繋げて加熱、乾燥することで、再び湿気を吸い取ることができます。
無限に再利用可能なのです!




シリカゲルは350gの大容量!半月程度、続けて使用が可能

本体は小さくても除湿力は超強力!
350gの大容量シリカゲルは、乾燥し切った状態なら2~3週間の連続使用が可能。
加熱、乾燥も12~15時間程度で完了。
湿気やカビの悩みを簡単に解決でき、靴箱や本棚、衣装ダンスの乾燥状態を長期間保つことができます。





除湿具合がわかりやすい!

Green 濃い緑
シリカゲルが湿気を限界まで吸い取った状態です。シリカゲルの機能を回復するために12~15時間ほど電源に繋いで加熱してください。乾燥中は本体を立てる必要があります。


Orange オレンジ
シリカゲルが乾燥している状態です。押入れや靴収納ボックスなど除湿したい小さなスペースに置いてください。

※シリカゲルを加熱、乾燥する場合は、本体を立ててください。その際、本体が高温になったり、水分を発生させたりするのは正常な状態です。加熱、乾燥をされている間は本体に触ないでください。また、本製品は小さなお子様の手が触れないように注意してください。

※木の板など熱や湿気で変形しやすいものの表面に置いて乾かさないでください。また、本製品を乾燥させる場合は、表面が何も覆われておらず、周囲10cm以内に障害物がないことを確認してください。






工場について

工場は中国の深センにあります。コンピュータソフトウェアやハードウェア、スマートウェアラブル、小型家電製品、モバイル電源、インターネットオブシングス関連製品、通信製品の設計など、幅広い製品の製造を行っており、技術開発や販売も行っています。



プロジェクト概要






Glotureについて

株式会社Gloture(グローチャー)は近未来のライフスタイルを提案するショップ「GLOTURE.JP」を運営しております。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン