このページの本文へ

株式会社Engineerforceが「金の卵発掘プロジェクト2020」で審査員特別賞を受賞

2020年12月23日 10時00分更新

文● 株式会社Engineerforce

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社Engineerforce
ITエンジニア向け見積もり支援システム「Engineerfoce」を提供する株式会社Engineerforce(本社:東京都渋谷区、代表取締役:飯田 佳明)は2020年11月20日(金)に開催された「金の卵発掘プロジェクト2020」ファイナル審査会において審査員特別賞を受賞いたしました。





「金の卵発掘プロジェクト2020」は月刊ビジネス誌「経済界」を発行する株式会社経済界(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤 有美、以下 経済界)による、明日の日本を担う起業家を発掘・応援するビジネスアワードになります。社長就任10年目(当時)の佐藤 有美氏が、無名時代の孫 正義氏を支援した経済界創業者・佐藤 正忠氏の想いを受け継ぎ、「次代を担う人材・企業にチャンスを与えたい」という強い想いを持って始められました。

■代表取締役 飯田 佳明のコメント
経済界という歴史ある会社より審査員特別賞を受賞できたことを大変光栄に思います。特に経済界は私が尊敬して止まない孫 正義氏と縁があるということで特別な思い入れを持っておりました。常日頃から支えてくださっている皆さまのご支援の賜物です。また審査員特別賞を受賞できたことにより、一緒に製品開発をしているチームメンバーにも良い朗報を持ち帰ることができました。この場をお借りして心より御礼申し上げます。

弊社は、IT業界において永遠の課題と言われている見積もり作成に一石を投じるスタートアップ企業です。1人でも多くのエンジニアの方にとって便利なツールを提供していきたいと考えておりますので、応援いただけると幸いでございます。

■2020年度審査員(※順不同・敬称略)
米倉 誠一郎(法政大学経営大学院 イノベーション・マネジメント研究科教授)
夏野 剛 (慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特別招聘教授)
林野 宏 (株式会社クレディセゾン 代表取締役会長CEO)
水野 雄介 (ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO)
戸村 光 (Hack JPN 代表取締役CEO)
出雲 充 (株式会社ユーグレナ 代表取締役社長)

■株式会社Engineerforce(エンジニアフォース)について
AIが各タスクの作業量やリスクを計算し、見積もりを作成するサービス「Engineerforce」を提供している企業です。エンジニアはこれまで見積もり作成にかけていた時間を大幅に削減しながら、客観的に算出された工数に従って本来の仕事に集中することができます。

私たちは「エンジニア業界に革命を」というビジョンを掲げ、すべてのエンジニアの方たちが幸せになる世界の実現を目指しています。社名でもある“Engineerforce”には、エンジニアを後押ししたいという思いが込められております。




【会社概要】
会社名: 株式会社Engineerforce(エンジニアフォース)
代表者: 代表取締役 飯田 佳明
所在地: 東京都渋谷区宇田川町16-8 渋谷センタービル3F
設立 : 2020年8月
URL : https://engineerforce.io/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン