このページの本文へ

シンカの顧客接点クラウド「カイクラ」に新機能。通話の頻出ワードをランキング

2020年12月22日 11時00分更新

文● 株式会社シンカ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社シンカ
株式会社シンカ(本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:江尻高宏)は、 顧客接点クラウド「カイクラ」の「通話録音テキスト化機能」を強化。通話中によく使われるワードを可視化する「頻出ワード機能」を12/23より追加します。


■頻出ワード機能とは
顧客接点クラウド「カイクラ」のオプションとして、電話の通話内容を録音し、AIにより自動でテキスト化する「通話録音テキスト化」機能がありますが、この「通話録音テキスト化」の標準機能として、テキスト化された通話データから「どのようなワードがよく使われているのか」が分析できる「頻出ワード機能」が12/23より新たに追加されます。

具体的には、カイクラ管理画面内「頻出ワードダッシュボード」で頻出ワードTOP20を確認できる機能です。日付指定、発着信別、また通話時間・相手番号など、各種条件で絞り込みも可能です。また、「着信ごとのワード出現数」もダッシュボード画面で確認することができます。

                  <頻出ワードダッシュボード(イメージ)>

頻出ワードの集計対象についても、品詞ごとに設定、また、個別に「集計対象外ワード」も設定することができ、自社のニーズに沿ったカスタマイズが可能となっています。

                   <集計対象品詞設定画面> 


                  <集計対象ワード設定画面>

頻出ワード機能は、自社の電話内容を見える化し、その傾向をつかめる機能です。電話対応の改善をめざす企業にお役に立つものとなっています。頻出ワード機能は無料でお使いいただけますが、通話録音テキスト化機能のご利用が必須となります。

■顧客接点クラウド「カイクラ」とは


「カイクラ」は、クラウド型のコミュニケーション管理ツールです。

CTIや通話録音、SMS (ショートメッセージ) 、はがきDM、ビデオ通話など、顧客コミュニケーションを一元管理する機能を有しています。異なるコミュニケーション手段を用いても顧客ごとにコミュニケーション履歴情報を一元管理できるので、担当者以外でもこれまでの経緯を把握した上で、顧客対応することが可能になります。「カイクラ」を利用すれば、自宅からオフィス電話にチーム対応することも可能。テレワーク時の顧客コミュニケーションをサポートします。

「カイクラ」は2014年8月のサービス開始以来、導入100業種・業態以上、1,600社、2,600拠点以上で利用されています。2015年12月にNTT東日本正式受託商品として認定され、2016年2月第8回千代田ビジネス大賞特別賞、2018年11月世界発信コンペティション2018においてサービス部門特別賞、2020年11月ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2020のASP・SaaS部門支援業務系分野にてベストイノベーション賞を受賞。

顧客接点クラウド「カイクラ」公式サイトhttps://kaiwa.cloud/

【株式会社シンカについて】
設立:2014年1月8日
本社:〒163-0237 東京都新宿区西新宿2丁目6-1 新宿住友ビル37F
資本金:977,942千円(資本準備金を含む)
従業員数:45名
事業内容:ITを活用したシステム企画・開発及び運用
     クラウドサービス商品の企画・開発及び販売、運用
     ITサービス利用のコンサルティング
コーポレートサイト:https://www.thinca.co.jp/
カイクラ.mag: https://kaiwa.cloud/media/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン