このページの本文へ

徳島県のeスポーツプロジェクト連携協定にサードウェーブが参画

2020年12月18日 17時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは12月18日、徳島県内の高校eスポーツ部創部拡大を目指し「eスポーツによる地方創生 徳島プロジェクト」連携協定に参画したと発表した。

 徳島県、一般社団法人全国高等学校eスポーツ連盟が推進するもので、サードウェーブは四国大学・四国大学短期大学部、阿南工業高等専門学校と取り組みを進め、eスポーツを通した地方創生にも寄与するとしている。

 プロジェクトでは、eスポーツの教育的価値について広く徳島県内に理解を深めるための活動を行なうとともに、eスポーツを通した次世代人材を育成し地方創生に寄与することを目的とする。取り組みでは、徳島県内2か所に高校生・高専生・大学生・教育関係者等が集える「eスポーツ交流スペース」を開設。交流スペースが若者達にとって「好きな事から学んで成長出来る場」となるよう産官学連携して支援する。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ