このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第582回

2021年後半とのうわさもあったが:

アップル「有機EL版iPad」2022年発売か?

2020年12月18日 13時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは2022年から有機ELディスプレーを搭載したiPadを発売するという。韓国メディアETNewsが12月16日に報じた。

 同紙によると、アップルは2022年発売予定のiPadに有機ELディスプレーを搭載するため、サムスンディスプレーとLGディスプレーの2社にパネルの注文をしたという。

 まずは2022年にサムスンディスプレーがパネルの供給を開始し、続いて2023年にLGディスプレーも供給を開始するとのこと。

 同紙はアップルが今年11月に「有機EL版iPad Pro」が2021年後半に発売する可能性が高いと報じたが、2022年までずれこんだことになる。

 どうやら2021年はミニLED搭載iPadのみのリリースになりそうだ。

 

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中