このページの本文へ

シナモンAI、ベンチャーキャピタル「D4V」、デザインファーム「IDEO」と、AIモデル開発に関するワークショップを共同開発

2020年12月17日 10時00分更新

文● シナモンAI

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シナモンAI
国内でも有数の人工知能(以下、「AI」)ソリューションを提供する株式会社シナモン(代表取締役社長CEO:平野未来以下、シナモンAI)は、世界で有数のAIリサーチャー数をほこり、国内大手企業向けにビジネスAIのソリューションを提供しています。このたび、シナモンAIはアーリーステージにフォーカスしたベンチャーキャピタル「D4V(Designfor Ventures)」と、グローバルに展開するデザインファーム「IDEO」と、企業戦略に人間中心アプローチを用いたAIモデルやデータサイエンスを組み込むためのワークショップを共同開発いたしました。



シナモンAIは、「創造あふれる世界を、AIと共に」をミッションとし、これまで多くの国内大手企業とAI開発・導入に関するコンサルティングやサービス提供を行う中で、我が国産業の”AI-ready化”(*)を力強く推し進めることへ多角的かつ広範に貢献することが重要であると考えてまいりました。このたび、「D4V」と、デザインファーム「IDEO」と、企業戦略に人間中心アプローチを用いたAIモデルやデータサイエンスを組み込むためのワークショップを共同開発・提供することで、この活動を推進してまいります。

IDEOは、人間中心の分野横断的なアプローチで知られる、デザインファームです。デザイン・シンキングをいち早く実践してきたリーダーであり、デザインを通じて世の中にポジティブなインパクトを創出することを使命としています。その実現のために、クリエイティブなマインドセットやスキルを活用したり、また多くの人にこのアプローチを伝授することに努めています。また、IDEOでは、Design for Augmented Intelligence(以下、D4AI)という活動を通じ、人間中心のAIやデータサイエンスの活用を推進しております。

このたび、両社の目的が合致したため、デザイン・シンキングとAI開発観点を融合し、効果的にAIモデルを統合した戦略デザインを定着させる新たなプログラムの共同開発に至りました。シナモンAIでは、2021年春(予定)に、当社の執行役員フューチャリストの堀田が、AI時代の戦略デザインを主題にした「ダブルハーベスト」という書籍を出版いたします。その「ダブルハーベスト」は、当社独自のAI開発フレームワークである「ハーベストループ」を中心に構成しておりますが、今回のIDEOxシナモンAIワークショップでは、「人間中心アプローチを用いたAIとデータサイエンス課題解決」と「ハーベストループ」を組み合わせた日本初のAI戦略デザインの実現を提唱いたします。

本ワークショップは、「人間中心アプローチを用いたAIとデータサイエンス課題解決」と「ハーベストループ」について、レクチャーとケーススタディを活用して体感していくプログラムです。約3時間のワークショップを通じて(各企業様のニーズに合わせてテーラーメード可能)、人間中心のAI戦略デザインにおける「マインド」と「プロセス」を習得いただくことを目的としております。ベータ版の提供を経て、2020年12月より一般販売を開始いたします。ご興味いただける方は、シナモンAIまでお問い合わせください。

<担当窓口>
シナモンAI広報窓口:森田
E-mail:contact@cinnamon.is

*経団連:AI活用戦略~AI-Readyな社会の実現に向けて~
https://www.keidanren.or.jp/policy/2019/013.html


【D4V会社概要】
社名:D4V合同会社
URL:https://d4v.com/
所在地:東京都港区北青山3-5-29 ONE OMOTESANDO 7F
設立:2016年10月
代表者:代表社員 高野真

【IDEO 会社概要】
社 名 : IDEO LP
URL:https://jp.ideo.com/
所在地:東京都港区北青山3-5-29 ONE OMOTESANDO 7F
設 立:2008年
代表者:Davide Agnelli- Managing Director

【株式会社シナモン 会社概要】
社 名:株式会社シナモン
URL:https://cinnamon.is/
所在地:東京都港区虎ノ門3-19-13 スピリットビル6階
設 立:2016年10月
代表者:代表取締役社長CEO 平野未来

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン