このページの本文へ

IPビデオ監視市場―製品およびサービスの種類、ハードウェアの種類、およびアプリケーション別の分析-予測ー2025年

2020年12月16日 16時12分更新

文● Kenneth Research

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「IPビデオ監視市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2020年12月 15日 に発刊しました。市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されています。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10254637



IPビデオ監視は、ネットワーク化されたビデオ監視とデジタル化されたビデオ監視の組み合わせとして定義されます。また、デジタル化されたネットワーク形式の監視カメラ(CCTV)とも呼ばれます。監視システムでは、IPカメラがビデオ映像を記録し、記録されたコンテンツがインターネットプロトコルネットワーク上で転送されます。ワイヤレスネットワークによるIPビデオ監視により、ケーブルが不要になります。これらのIPビデオ監視は、Wi-Fi、3G、および4G / LTEネットワークを使用したライブおよび録画ビデオに使用されます。IPビデオ監視は、監視技術の最先端です。IPビデオ監視は、ケーブルを使用せずに事実上どこにでもビデオ監視をインストールできるワイヤレスネットワークに接続されています。

高リスク地域での安全性の必要性の高まり
公安は世界で最優先事項です。公安機関は、効率を確保するために多くの新しいテクノロジーに投資しています。これには、スマートフォンやその他のデバイスを携帯しているユーザーに無線ネットワークを安全に接続するためのスマートアプリケーション、警官や市民の安全性と説明責任を高めるために着用できるビデオ監視デバイスが含まれます。犯罪率、反社会的行動、テロ攻撃の急増に伴い、政府は公共の安全とセキュリティを確保するための新しい技術と戦略を導入しました。壊滅的な攻撃に対するシステムと対応を改善し、安全で費用効果が高く、実行可能な解決策を見つけることが必要になっています。

アナログ監視からIPカメラへの移行の成長
インターネットプロトコル(IP)監視は、CCTVシステムのデジタル化およびネットワーク化されたバージョンであり、セキュリティおよび監視システムの最も柔軟で将来性のあるオプションに急速になりつつあります。IP監視システムは、ネットワークビデオレコーダー(NVR)を使用してビデオコンテンツを記録するIPベースのカメラと、ネットワークを介してビデオコンテンツをキャプチャして配信するビデオ監視プラットフォームの2つのコンポーネントで構成されています。IPカメラは、すでに高帯域幅のネットワークがインストールされている大規模なインストールサイトに適しています。IP監視カメラは、リアルタイム監視、リモートアクセス、デジタルズーム機能など、アナログ監視に比べてさまざまな利点を提供します。

運用コストとインフラストラクチャコストの削減、統合の可能性の向上、データ配信の容易さ、インストールの容易さ、フレームレートの調整などは、IP監視によって提供されるいくつかの追加の利点です。これらの以下の要因は、IPビデオ監視市場の世界的な拡大に役立つと予想されます。

市場セグメンテーション洞察
IPビデオ監視市場は、製品およびサービスの種類(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス)、ハードウェアタイプ別(カメラ、エンコーダー、ストレージなど)、およびアプリケーション別(商業ビル、住宅ビル、運輸、政府機関など)によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

市場主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のIPビデオ監視市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。IPビデオ監視市場における業界のリーダーはHikvision, Zhejiang Dahua Technology Co., Ltd, Bosch, Honeywell, Uniview, and Axis Communication などです。

APACは、2020-2025年の予測期間中に最大の市場シェアを占めると予測
APACは、2020-2025年にかけて、世界のビデオ監視業界で最高のCAGRで成長する可能性があります。APACは引き続き最大の市場規模を維持し、スマートシティプロジェクトへの多額の投資により、ビデオ監視市場で最も急成長している地域になると予想されます。アジア太平洋地域は、中国、日本、インド、韓国、およびその他の国でセキュリティの脅威と懸念が増加しているため、ビデオ監視セクターで最も急成長している地域になると予想されています。

Eurostatによると、ICT製造とICTサービスを含む、ヨーロッパのICTセクターの合計額は、2017年に4,750億ユーロを超えると推定されています。このセクターでは、ICTサービスがICT製造業が保有するシェアの10倍になると予測されているため、ICTサービスが大きなシェアを占めています。ICTサービスは、コンピュータープログラミング、コンサルティング、および関連する活動で構成され、2017年には、約49.1%のシェアを占め、電気通信活動は、このセグメントで約30.3%のシェアを占めました。これらの要因は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与えると推定されています。

地理に基づいて、市場は以下の地域に分割されています。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/ip-video-surveillance-market/10254637

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン