このページの本文へ

ヤンマーホールディングス、WOVN.io を導入し、グローバルサイトの翻訳業務を効率化

2020年12月16日 08時00分更新

文● Wovn Technologies 株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Wovn Technologies 株式会社
~同時に、海外現地法人従業員に向け、イントラサイト対応言語を追加~

Wovn Technologies株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 鷹治)が提供する Webサイト多言語化ソリューション『WOVN.io(ウォーブン・ドットアイオー)』が、ヤンマーホールディングス株式会社(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役社長:山岡 健人、以下 ヤンマー)のグローバルサイトの会社紹介ページとイントラサイトの2サイトに導入され、1月より多言語での公開を予定しております。



■導入の背景
ヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功した産業機械メーカーです。日本国内だけでなく、アメリカ、オランダ、中国、ブラジルなど127もの海外拠点を持ち、あらゆるフィールドにおいて、産業用エンジンを軸に、アグリ、建機、マリン、エネルギーシステムなどの事業をグローバルに展開しています。

ヤンマーのグローバルサイトは、各地域のビジネス環境に合わせた情報発信を行っています。一方で、グローバル共通で利用するコーポレートコンテンツは基本的には日本語と英語で展開し、各地域サイトの判断で現地の言語へ翻訳する運用を行っていました。しかし、この運用手法では各国サイトの企業情報の充実化が進まなかったため、日本側で各地域サイトコーポレートコンテンツの統一管理を行う手法に転換しました。全地域共通のブランドメッセージを届け、企業のビジョンや歴史、事業ドメイン等といった情報を正確に伝えることで、グローバルでの認知度向上、ブランド力強化を目指します。

ブランドガバナンスの徹底をはかり、日本で一元的に多言語情報を管理、翻訳業務の効率化を進めるべく WOVN.io を導入いたしました。既に展開しているアジア、オセアニア、中東、南米に向けた14言語の運用を、WOVN.io を使った運用に新たに切り替えます。WOVN.io は、多言語 Web サイトの一元管理における運用管理工数を削減することはもちろんのこと、既存の Web サイトへの導入をスムーズに行うことが可能である点を理由に選定いただきました。

(従来の多言語サイト構築作業と WOVN.io での多言語サイト構築作業)

またグローバルサイトに加え、ヤンマーのイントラサイト(社内報)にも WOVN.io を導入し、多言語化を推進することとなりました。

海外を含めた全拠点対抗サッカーイベントを開催するなど、グローバル拠点の従業員との交流を積極的に図っているヤンマーでは、四半期に1回、全てのグローバル拠点の従業員に向けた社内報を発刊しています。経営層のメッセージから、各グループの新商品紹介や従業員の地域活動・CSR活動、各拠点のキーマン紹介まで、内容は多岐にわたっております。発刊当初は日本国内向けの社内報でしたが、現在では内容の50%以上をグローバル拠点のトピックにするなど、グローバル企業として各拠点で働く従業員のエンゲージメント向上を意識した戦略的な広報活動を行っています。

これまで社内報は日本語で作成した後、人力で英語翻訳を行っていました。そのため、英語での発刊は日本語から1ヵ月遅れ、またドイツ語やスペイン語など多言語展開は、その英語訳を使った翻訳を行うため、さらに時間が掛かるため、全拠点の従業員に社内報を届けられるまでにかなりのタイムラグが発生していました。そこで今回 WOVN.io を導入し、全グローバル拠点の社員へタイムリーな情報発信を実現します。

(グローバル全拠点対抗サッカーイベントの様子)


■導入サイトについて( https://www.yanmar.com/global/about/
ヤンマーグローバルコーポレートサイト内会社紹介ページの14言語を、1月より WOVN.io で翻訳運用を開始予定です。
対応言語:簡体字、繁体字、韓国語、インドネシア語、ミャンマー語、タイ語、ベトナム語、トルコ語、ポルトガル語、シンハラ語、ベンガル語、マレー語、スペイン語、クメール語

また、1月よりヤンマーのイントラサイトを4言語で公開予定です。
対応言語:英語、簡体字、ドイツ語、スペイン語


■今後の展望
今後はヨーロッパ・北米エリアに関しても、製品ページやニュースリリースなど、グローバルブランドとしての一層の認知度向上、企業ブランド力強化に向けて多言語での情報発信を検討しています。

世界各地に製品を展開しているヤンマーにとって、多言語化・翻訳の領域における共通プラットホーム化を推進することで、業務効率化・コスト削減を図ると同時に、グローバルブランドガバナンスの一層の強化を実現していきます。また、全グローバル拠点の従業員への情報発信の公平性・平等性を推進していきます。

WOVN.io は、日本のグローバル企業のグローバルブランド向上に向け、タイムリーに社内外へ情報を発信していくことをサポートすべく、多言語化を推進してまいります。


■WOVN.io について
WOVN.io は、「世界中の人が、全てのデータに、母国語でアクセスできるようにする」をミッションに、Web サイトを最大43言語・76のロケール(言語と地域の組み合わせ)に多言語化し、海外戦略・在留外国人対応を成功に導く多言語化ソリューションです。大手企業をはじめ18,000サイト以上へ導入されています。既存の Web サイトに後付けすることができ、多言語化に必要なシステム開発・多言語サイト運用にかかる、不要なコストの圧縮・人的リソースの削減・導入期間の短縮を実現します。

企業情報
会社名  : Wovn Technologies株式会社
所在地  : 東京都港区三田4-1-27 FBR 三田ビル8階
代表   : 代表取締役社長 林 鷹治
設立   : 2014年3月
資本金  : 17億5,081万円(資本準備金含む)※2019年12月末時点
事業内容 : Web サイト多言語化ソリューション「WOVN.io」、
       アプリ多言語化ソリューション「WOVN.app」の開発・運営
URL   : https://wovn.io/ja/

本件に対するお問い合わせ
Wovn Technologies株式会社 広報 大森
prtm@wovn.io
03-4405-9509

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン