このページの本文へ

NECネッツエスアイとSynamon、バーチャルワークプレイス活用した新たな働き方への挑戦を開始

2020年12月15日 10時00分更新

文● Synamon

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Synamon
リアルとバーチャルの融合で共創を加速

NECネッツエスアイ株式会社 (本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長 牛島 祐之、以下 NECネッツエスアイ)と株式会社Synamon(本社:東京都品川区、代表取締役 武樋 恒、以下 Synamon)は、リアルとバーチャルを融合し、共創の推進とコミュニケーションの革新を実現する新たな働き方の確立を目指し、バーチャルワークプレイスの共同実証を本日より開始します。




新型コロナウイルスの感染拡大を経て、出社・対面が当たり前だった従来の働き方は大きく変化を遂げ、自宅やオフィス以外の場所からオンライン上でやり取りをするテレワークやリモートワークという働き方が一般的なものとなりました。一方で、このような働き方が浸透するに伴い、コミュニケーションやマネジメントの質の低下、企業への帰属意識の低下などの新たな課題も顕在化し始めています。

NECネッツエスアイは、働き方改革の分野において、2007年よりEmpoweredOffice (注1 エンパワードオフィス)や分散型ワーク(注2)などの取り組みを自社実践し、顧客に提案してきました。このたびの共同実証では、NECネッツエスアイの豊富な知識・経験・ノウハウとSynamonのバーチャル技術を組み合わせることで、単なるバーチャルオフィスの構築にとどまらず、現在の働き方の先にある新しいワークプレイス・ワークスタイルの確立を目指した検証を行います。オンラインでの働き方で顕在化した課題の解決に加えて、チームメンバーとの一体感や各ワーカーが自律的に考え行動し、共創を促すための環境づくりを行い、時間や距離、場所の制約を超えてコラボレーションができる空間を構築します。


本実証では、まず、日本橋イノベーションベース(注3)の一部執務エリアをSynamonのNEUTRANS BIZ(ニュートランスビズ 注4)にてバーチャル化します。NECネッツエスアイが主体となって進める本実証には、日本橋室町三井タワーなどオフィスを手掛ける三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 菰田 正信、以下 三井不動産)も参加し、バーチャルワークプレイスとリアルワークプレイスそれぞれの機能検証や検討をすることで、最適化を目指した共創を行います。なお、NECネッツエスアイと三井不動産は、同オフィスビルにおいてローカル5Gの共同実証を実施中です。

NECネッツエスアイとSynamonは、本実証実験でバーチャルワークプレイスとそれらがもたらす新しいワークスタイルの可能性を検証しながら、コミュニケーションで創る包括的で持続可能な社会の実現に向けて邁進していきます。


注1:EmpoweredOffice https://www.nesic.co.jp/solution/eo/
注2:分散型ワーク https://www.nesic.co.jp/news/2019/20190718.html
注3:日本橋イノベーションベース 東京都中央区日本橋室町3-2-1 日本橋室町三井タワー内
注4:NEUTRANS BIZ(ニュートランスビズ) https://neutrans.space/

※記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


なお、本リリースの発表に合わせて「リアルとバーチャルの重要性についてそれぞれの領域の代表が議論を交わす」、トークセッションを行います。三井不動産をはじめとして、分散型ワークやこれからの働き方を考える企業の実証参加を募り、より多くの意見を収集し、リアルとバーチャル双方のワークプレイスの在り方を深耕していきます。

■トークセッション概要
「オンラインワークスタイルにおけるコミュニケーションの再活性化~ Re-activate the Communication for the future ~」

日時:2020年12月15日(火) 12:30~14:00
開催形態:オンライン(zooomウェビナー)

登壇者:
光村 圭一郎(三井不動産株式会社) ※
武井 勇樹(Synamon)
田中 涼子(NECネッツエスアイ)

内容:
近年、ワークスタイルは大きく変化を遂げ、「出社・オフライン」が当たり前だったコロナ前から、自宅やオフィス以外の場所で働き「オンライン」でやり取りをすることが定着し始めました。
当然コミュニケーション、マネジメントもオンラインで行われることが当たり前となってきましたが、コミュニケーションにはまだ「様子がわからない」「何か足りない」という不満感があります。
その不満をどう解決するのか?
「オフラインの回帰」か、「オンライン機能の進化」なのか?
それぞれの領域で「コミュニケーションと共創をデザイン」してきた三者が「未来のコミュニケーション」についてNEUTRANS BIZ内でトークセッションを繰り広げます。

お申込み、詳細:https://peatix.com/event/1731138

※今回のSynamonとNECネッツエスアイの共創のきっかけとなったのは、三井不動産株式会社/BASE Qが提供するオープンイノベーション支援プログラムでのMeetUpであり、その立役者でもある光村氏が登壇する運びとなりました。


■株式会社Synamonの取組み
Synamonは「XRが当たり前の世界」を実現するため、VR/ARをはじめとするXR技術を使ったサービス開発や研究開発を行うテックカンパニーです。ビジネス向けVRコラボレーションサービス「NEUTRANS BIZ」は、複数人が同じバーチャル空間にアクセスし、リアルタイムでのコミュニケーションや体験の共有をすることが可能。ニューノーマルの時代を迎えた今、会議・商談・ショールーム・展示会・バーチャルオフィスまで、あらゆるビジネス活動ができるバーチャルの場として、オンラインとも違う新しい価値を提供しています。

また、2020年11月にはXR技術を活用した新規事業立ち上げを目指す企業様との共創を目指す「NEUTRANS Partner Program」も開始。XR技術の社会実装を進めるため、日々挑戦をしています。

「NEUTRANS Partner Program」について
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000025330.html

「NEUTRANS BIZ」紹介ムービー
https://youtu.be/Pz4Ulo552V8


■NECネッツエスアイの取組み
NECネッツエスアイは今後、ローカル5Gをはじめとする通信技術を活用し、社会、産業、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を促す活動を推進します。地域経済、課題解決サービスを支える5G時代の地域ネットワークの構築をサポートしていきます。

働き方改革に向けたNECネッツエスアイの取り組み
https://www.nesic.co.jp/solution/eo/hatarakikata.html

ニューノーマル宣言
https://symphonict.nesic.co.jp/newnormal/

NESIC ローカル5G
https://symphonict.nesic.co.jp/5g/


【本件に関するお客様からの問い合わせ先】
株式会社Synamon ビジネスディベロップメント
問い合わせ先 https://neutrans.space/form/inquiry/

NECネッツエスアイ株式会社 DX推進本部
E-Mail future@ml.nesic.com

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン