このページの本文へ

グローバルマルチ決済サービスTakeMe Payに『au PAY』導入が決定!2021年1月から順次利用可能に

2020年12月15日 08時00分更新

文● TakeMe(株)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

TakeMe(株)
国内外100種類以上の決済ブランドが一つになったTakeMe Pay

「世界中の決済を、ひとつに。」を理念に掲げるFinTechベンチャー企業、TakeMe株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:Dong Lu)が運営するグローバルマルチ決済サービス「TakeMe Pay」に、2021年1月より新たな決済ブランドとして、auブランドを展開するKDDIが提供する「au PAY」が追加されることになりましたのでお知らせ致します。



今回の「au PAY」追加により、TakeMe Payで取り扱う決済ブランド数は111種類となり、日本国内では業界最多(※)の取り扱いとなります。
グローバルマルチ決済サービス「TakeMe Pay」は、現在85カ国以上の方々に利用され「世界中の決済を、ひとつに。」をスローガンとして、今後も続々と新たな決済ブランドを追加することで店舗運営者様の利便性向上を目指し、日本におけるキャッシュレス社会の拡大を目指して参ります。
※当社調べ



TakeMe Payでのau PAYご利用方法

「au PAY」アプリからTakeMe PayのQRコードをスキャンしてご利用頂けます。



au PAYについて

「au PAY」は、会員数が約2,450万で、お手持ちの「au PAY アプリ」から簡単な操作でご利用いただけるスマホ決済サービスです。アプリ上に表示されるバーコードやQRコードを店舗のPOSレジや各種端末で読み取る、または店舗が提示したQRコードをアプリで読み込むことで、お買い物・お支払いにご利用いただけます。



グローバルマルチ決済サービス『TakeMe Pay』について

「TakeMe Pay(テイクミーペイ)」は乱立するスマホ決済やクレジットカード決済を一つにまとめるマルチ決済サービスです。
ユーザーに新たにアプリをインストールして頂くことは無く、“既に利用している決済アプリ”で設置されたQRコードをスキャンするだけで支払いができる店舗用のグローバルマルチ決済サービスです。ユーザーはその時に一番お得な決済手段を選ぶことが出来ます。さらに、決済種類はスマホ決済に限らず、クレジットカード支払いも可能です。
また、導入においては特殊な端末は不要でQRコードのスタンドを設置するのみのため、人力車やタクシー、出張サービスなど決済端末を設置できなシーンでも多く導入利用されています。
今後も多くの決済ブランドを追加し、店舗運営者様・事業者様に、より便利にお使い頂けるサービスを目指して参ります。


参考:『TakeMe Pay』サービス紹介動画
URL: https://youtu.be/EltGDu3_n8I

▼TakeMe Pay資料請求・お申込み
https://corp.takeme.com/request/



TakeMe Pay既存加盟店様への対応

2021年1月以降、順次対応致します。
当社の加盟店規約に基づき、接続に際する手続きは不要です。


■会社概要
名称  :TakeMe株式会社
所在地 :〒105-0003 東京都港区西新橋1-18-6 クロスオフィス内幸町
代表者 :代表取締役社長 董 路 (Dong Lu)
URL :https://takeme.com/
主要サービス:
・グローバルマルチ決済サービス『TakeMe Pay』
 https://blog.japanfoodie.jp/lp/takemepay/
・モバイルオーダー『TakeMe Order』
 https://order.takeme.com/

TakeMe SNS
・Twitter https://twitter.com/TakeMe_Co_Ltd
・Facebook https://www.facebook.com/japanfoodie
・LinkedIn https://www.linkedin.com/company/18228395/
・LINE https://lin.ee/7CPuO7f

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン