このページの本文へ

XR時代のウェアラブルデバイス新提案!「ホロスター」makuakeで公開開始

2020年12月11日 10時20分更新

文● ホログラム株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ホログラム株式会社
SF映画やアニメの世界で目にするスカウターが現実のものに!

ホログラム株式会社(代表取締役 山地 直彰)は2020年12月10日より、国内クラウドファンディングサイトmakuakeにて「XR時代のウェラブルデバイス・ホロスター」を公開、支援者の募集を開始しました。


アニメやゲーム、SFの世界でみかける装着者自身や周辺の情報を可視化するスカウター...これを自分たちで実現してみたい!で当プロジェクトがスタート。



未来的なフォルムでありながら、加速度や位置情報、心拍数はじめ活動量が測れる実用性も兼ね備えるAR(Augmented Reality=拡張現実)風デバイスを目指しました。

軽量かつ長時間バッテリー駆動、高性能な各種センサー、豊富なアプリケーション...これらの条件をクリアするためにその心臓部・頭脳部にApple Watchを採用することにしました。Apple Watchの特徴である各種活動量センサーの利用は腕から“こめかみ”に移すことで従来通り測定できるようにしました。




プロダクトとしては大きく分類して
・光学部品=レンズ一体型ハーフミラーと屈折用ミラーのセット
・上記セットに加え3Dプリントによるヘッドマウントフレーム
の二通りをご用意いたします。

対応するApple Watchは世代を問いませんが、常時表示に対応したseries5または6を推奨しています。ヘッドマウントフレームは38/40mm用および42/44mm用の二種類をラインアップ、ご自身で3DプリントしていただけるようSTL(Standard Triangulated Language=*.stl)形式ファイルの無償提供も予定しています。

makuakeでの支援締め切りは2021年2月1日、製品出荷は3月末までを予定しています。

makuake応援購入ページ
https://www.makuake.com/project/holostar/

ホログラム株式会社はMR(複合現実)をはじめAR(拡張現実)やVR(仮想現実)を含むXR技術に関連したソフト、ハードを開発、販売する2018年8月1日に設立された大阪のスタートアップ企業です。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン