このページの本文へ

「鬼滅の刃」最終巻発売日の12月4日に、書店への人の流れが午前7時から急増、東京・大阪で来訪増加率200%の時間帯も。一方、名古屋では18時がピーク40%増加。

2020年12月07日 17時00分更新

文● クロスロケーションズ株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クロスロケーションズ株式会社
位置情報ビッグデータからAIが推計した調査結果を発表

クロスロケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小尾一介)は、自社開発する位置情報データ活用プラットフォーム「 Location AI Platform(TM) 」の機能である「デイリー来訪速報」と「アワリー来訪速報」を使用して、「鬼滅の刃」最終巻の発売日における書店周りの人流変化を、位置情報ビッグデータからAIで解析した調査報告を発表しました。


【結果と考察】






12/4(金)、東京都23区・名古屋市の書店へのデイリー来訪が、11月の平均と比べ約115%に増加。
大阪市内の書店へは、来訪が11月の平均と比べ、約110%に増加。
発売日当日の時間帯別の来訪は、朝は東京と大阪の書店では、11月平均と比較し8時台の来場が東京では187%、大阪では202%と増加のピークであった。午前6時より人が集まり始め、7時から急増。開店前までに多くの人が集まったようだ。
名古屋においては、午前中の来訪の集中もあったものの、午後18時の来訪がピークとなっており140%に増加した。

今後もクロスロケーションズ株式会社では、直近の世の中の変化やイベントなどを起因とした様々な店舗・施設・エリアの人流の変化について、位置情報ビッグデータを解析して得た考察を定期的に配信する予定です。当社の持つ解析技術とデータを活かし、様々な企業・業態のマーケティング支援のほか、社会の様々なニーズに合わせた情報提供を行ってまいります。


■ 調査概要
本人流モニタリングは、Location AI Platformの「デイリー速報」「アワリー来訪速報」機能を使用し、調査を実施。
機能詳細についてはこちら:https://www.x-locations.com/visit-analysis

対象地域:東京都23区内の書店 586店舗、愛知県名古屋市内の書店 170店舗、大阪府特別区内の書店 210店舗
調査日:2020/11/1-12/4


■ 無償デモ&ハンズオン キャンペーン
今回調査に利用した Location AI Platform を実際にお試しいただける無償デモ&ハンズオンキャンペーンを行います。ご希望の場所を Location AI Platformにて解析、その結果をハンズオン形式でご案内いたします。

分析地点数:ご希望の5カ所
費用:無料
申込URL:https://www.x-locations.com/campaign/local-government/

■ Location AI Platform とは
Location AI Platform は、匿名位置情報ビッグデータをAIが素早く分析・視覚化して、販売促進・マーケティング・需要予測などで活用できるプラットフォーム製品です。
流通・小売、外食、不動産などの様々な業種・業界を代表する企業で活用されています。

■ クロスロケーションズ株式会社について
「多種多様な位置情報や空間情報を意味のある形で結合・解析・視覚化し、誰でも活用できるようにすること」をミッションとしています。位置情報ビッグデータをAIが解析・視覚化する独自技術である「Location Engine™️」の開発と、それをビジネスに生かすプラットフォームである「 Location AI Platform™️ 」の開発・提供により、”ロケーションテック”を推進しています。

代表者:代表取締役 小尾一介
所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-2-9 小林ビル6F
事業内容:位置情報ビッグデータ解析エンジン「 Location Engine™️ 」の開発と、ビジネス活用クラウド型プラットフォーム 「Location AI Platform™」 の開発・提供
URL:https://www.x-locations.com/

■ 他社登録商標・商標等、記載されている会社名・品名は一般に各社の登録商標または商標です。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン