このページの本文へ

triplaチャットボットに「会員登録機能」を新搭載~お問い合わせ段階で会員登録を促進し、宿泊施設の会員獲得ならびに収益向上を実現~

2020年12月07日 08時00分更新

文● トリプラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

トリプラ

 IT・AIサービスを展開するtripla株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO 高橋 和久、代表取締役CTO 鳥生 格、以下「トリプラ」)は、多言語AIサービス「triplaチャットボット」に宿泊施設の「会員登録機能」を新たにリリースし、宿泊者のチャットボットを通じた会員登録を開始したことをお知らせします。株式会社京急イーエックスイン(本社:神奈川県横浜市、社長 赤倉 淳之、以下「京急イーエックスイン」)が運営する「京急イーエックスインホテルグループ」ならびに、つるみ観光株式会社(本社:大分県別府市、代表取締役社長 西田陽一、以下「つるみ観光」)が運営する旅館「べっぷの宿 ホテル白菊」にて、triplaチャットボットの「会員登録機能」を利用開始しました。
 これにより、宿泊施設の会員獲得の窓口を拡大すると同時に、トリプラが開発・提供する宿泊施設公式ホームページ向けSaaS型宿泊予約エンジン「triplaホテルブッキング」と連携した会員情報のオンライン管理と活用が可能となります。トリプラは、両サービス利用の相乗効果による、宿泊施設の自社予約、リピート顧客の獲得ならびに収益向上に貢献します。

 宿泊施設にとって、OTA(=online travel agency)に対する手数料が発生しない自社ホームページ経由の宿泊予約(=自社予約)の獲得と、リピート顧客に成り得る会員の獲得ならびにロイヤルカスタマーの育成が課題となっています。特に、OTA経由の予約では宿泊施設はお客様情報を十分に得ることができず、多くの宿泊施設はチェックイン時に紙台帳でお客様情報を収集しているものの管理が煩雑となり、一度宿泊いただいたお客様との関係性構築が難しい状況です。そこで、トリプラは、「triplaチャットボット」ならびに「triplaホテルブッキング」を窓口に、宿泊施設の公式ホームページ上で会員獲得を可能とし、会員情報のオンライン管理と、宿泊施設が会員に対して直接プロモーション活動を行うことを支援しています。


「京急 EXイン 東銀座」公式ホームページ上のチャットボットを窓口とする会員登録画面。京急イーエックスインホテルグループは、「triplaホテルブッキング」のポイントプログラムも活用し、会員予約に「KEIKYU EX MEMBERS」ポイントを付与する。


左、中:「ホテル白菊」公式ホームページ上のチャットボットを窓口とする会員登録画面。 右:「triplaホテルブッキング」のプラン画面でもお得な会員レートを併記し、会員登録へ誘導中。

 triplaチャットボットの「会員登録機能」の実装により、アイコンメッセージならびにチャット起動後のメニューにて「会員登録」を案内でき、宿泊施設にお問い合わせを行う段階のお客様にメリット訴求と同時に会員登録を促すことが可能です。得られた会員データは、「triplaホテルブッキング」の「会員管理機能」に連携されオンライン上で一括管理が可能なため、紙の入会届や会員カードを発行する手間を削減でき、宿泊施設のDXにも貢献します。
 さらに、「ポイントプログラム」の活用により、お客様の宿泊回数等に応じて次回以降使えるポイントを付与し、リピート利用を促すことが可能となります。なお、「triplaホテルブッキング」の「会員機能」と「ポイントプログラム」は標準機能のため追加費用は発生しません。導入後、すぐに会員組織を立ち上げることができる上、他社ツールで既に管理を行っている会員情報の移行も可能です。

 また、宿泊施設の利用者にとっては、「triplaチャットボット」を利用したお問い合わせの段階で、会員登録ならびに登録特典の案内を受け取ることができ、スムーズな会員登録ならびに宿泊購入によって利便性と満足度が向上します。会員登録のメリットは、チャットボットのアイコンメッセージに記載もしくは「triplaホテルブッキング」のプラン表示画面に会員価格の形であらかじめ表示されます。会員登録の際は、お客様情報を一から手入力せずにLINEやFacebookの情報を使用した「SNS会員登録」「SNSログイン」も可能で、利用者にとって最も簡単な方法で会員登録ならびに会員価格でのお得な宿泊購入が可能です。

 トリプラは、「triplaチャットボット」と「triplaホテルブッキング」の相乗効果により、宿泊施設の会員獲得を加速させると同時に、自社予約率ならびにリピート顧客を増加させ収益向上を実現します。今後も、「お客様の意見をよく聞き、市場フィットしたサービスを継続的に開発する”マーケットイン”」の理念に則り、旅行業界にITサービスの提供を通じて新しい価値を創造するとともに、サービスの機能改善を行ってまいります。


【株式会社京急イーエックスイン】
本社所在地 :神奈川県横浜市西区高島1-2-8
会社設立  :2007年7月2日
社長    :赤倉 淳之
URL    :https://www.keikyu-exinn.co.jp/company.html

【つるみ観光株式会社】
本社所在地   :大分県別府市上田の湯町16-36
会社設立    :1950年3月
代表取締役社長 :西田 陽一
URL      :https://www.shiragiku.co.jp/company.html

【tripla株式会社 概要】
本社所在地   :東京都中央区新川1-22-13 新川I&Lビル6階
会社設立    :2015年4月15日
代表取締役CEO :高橋 和久
代表取締役CTO :鳥生 格
URL      :https://corp.tripla.jp/

【SaaS型宿泊予約エンジン「triplaホテルブッキング」概要】
宿泊施設の自社公式ホームページ向けの、SaaS型宿泊予約システムです。旅行者は最短4クリックで宿泊予約が完了する上、各種OTAとの料金比較を行った上で最安値が表示できる「メタサーチ機能」や、googleの検索結果に自社販売価格を掲載できる「googleホテル広告連携」など、宿泊施設の自社予約率を向上させるための機能が搭載されています。
また、宿泊施設の会員獲得を支援する「会員管理機能」「ポイントプログラム」、さらには組織単位で法人割引を適用した販売が可能になる「法人管理機能」も追加費用なしでご利用いただけます。

【多言語AIサービス「triplaチャットボット」 概要】
フロントスタッフが電話やメールで対応していたお客様からの問い合わせに、日本語・英語・韓国語・中国簡体字・中国繁体字の5言語に対応するAIが代理で対応することで、大幅な業務削減とお客様満足度向上に貢献するサービスです。
宿泊施設の公式ホームページ上でお客様からの問い合わせへの対応と同時に宿泊予約の完了が可能となるサービスとして2017年のリリース以降、宿泊施設をはじめとする国内外約750施設に導入されています。旅行業界向けには、業界唯一である5言語ネイティブの有人オペレーターによるサポート体制も高い評価を得ています。
2020年7月に自社開発したAIエンジンに改良を加え、セルフサービスによる機械学習トレーニング機能を搭載したことにより、あらゆる業種・業態のお問合せ対応に活用いただけるサービスとなりました。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン