このページの本文へ

ファースト音質インプレッション

ハイブリッド型になったNoble Audio「FALCON PRO」、人気機種の音はこう進化した

2020年12月05日 09時00分更新

文● 佐々木喜洋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本体サイズはほぼ変わらず、FALCON2の利用感を維持

 またFALCON PROでは、新デザインのシェルを採用している。

 これはNoble AudioのユニバーサルIEMの3Dデータをベースにしつつデザインされたものだ。ハイブリッド構成ながら大型化することもなく、装着感の高さを維持している。なお、FALCON2では、機械式のボタンだったが、FALCON PROでは操作部材にタッチセンサーを採用している。

 この他にもイヤホンのリセットをするためのスイッチが、ケース側に新設されている。動作不安定になった時はこのスイッチで本体のリセットが可能となった。

クアルコムの最新技術に対応

 Bluetooth SoCは、FALCON2同様「QCC3040」を採用しているため、Qualcommの左右同時伝送方式「TrueWireless Mirroring」が使用できる。また、FALCON2同様に「aptX Adaptive」にも対応している。FALCON2と同等性能の外音取り込み機能も利用できるということだ。

 ちなみに、FALCON2とFALCON PROの違いをまとめると以下の表のようになる。耐水性能が落ちたのは新採用された、より空気を通しやすいノズルのメッシュフィルターによるものらしい。この変更は音にも効いていると思う(後述)。

FALCON2とFALCON PROの相違点

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン