このページの本文へ

サービスプロバイダー向けのクラウドバックアップサービスプラットフォーム

さくら、12月10日から「Acronis Cyber Backup Cloud」をさくらのクラウドで提供開始

2020年12月03日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さくらインターネットは12月3日、ネットワールドと協業し、サービスプロバイダー向けのクラウドバックアップサービスプラットフォーム「Acronis Cyber Backup Cloud」の提供を開始すると発表した。12月10日から、さくらのクラウドで提供を開始する。

 Acronis Cyber Backup Cloudは、時間や場所に関係なく高速に、20を超えるプラットフォームのバックアップが可能だという、アクロニス・ジャパンのクラウドバックアップサービスプラットフォーム。ネットワールドは、Acronis Cyber Backup Cloudの販売代理店を務めている。

 提供プランは、バックアップサーバー構築不要で購入後すぐに利用を開始できる「Acronis Hostedプラン」と、サーバー環境単位で購入して自社のバックアップサーバーにバックアップを可能とする「VM(ワークロード)プラン」のふたつ。また、VM(ワークロード)プランのユーザー向け追加オプション「VM オプション Acronis Storage(500GB)」も用意するほか、バックアップの統合管理向けのコントロールパネルも提供する。

 各プランの価格は以下のとおり。なお、Acronis HostedプランとVM(ワークロード)プランのコンソールは統合できない。

カテゴリートップへ

ピックアップ