このページの本文へ

デジタルIDおよび信用構築システムを開発するCredify、TISと資本業務提携を実施

2020年12月01日 08時30分更新

文● Credify Pte. Ltd.

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Credify Pte. Ltd.
デジタルIDおよび信用構築システムを開発するCredify、TISと資本業務提携を実施しました。また既存株主の BEENEXT と DEEPCOREからの追加調達も実施しました。

シンガポールを拠点とし、日本、東南アジア各国の、銀行、保険等の金融事業者等にデジタルIDおよび信用構築技術を通じて、デジタルプラットフォーム間の架け橋として、ネットワークの拡大を促すCredify Pte Ltd(以下、「Credify」)は、日本の大手IT企業TIS株式会社(東京証券取引所上場:3626、以下「TIS」)と資本業務提携を締結しました。加えて、既存株主のBEENEXTとDEEPCOREより追加出資を受けました。今回のTISとの資本業務提携を通じて、Credifyは日本市場へ更なる技術展開を行いつつ、東南アジアでの積極的な協業を進めます。


シンガポールを拠点とし、日本、東南アジア各国の、銀行、保険等の金融事業者等にデジタルIDおよび信用構築技術を通じて、デジタルプラットフォーム間の架け橋として、ネットワークの拡大を促すCredify Pte Ltd(以下、「Credify」)は、日本の大手IT企業TIS株式会社(東京証券取引所上場:3626、以下「TIS」)と資本業務提携を締結しました。加えて、既存株主のBEENEXTとDEEPCOREより追加出資を受けました。

今回のTISとの資本業務提携を通じて、Credifyは日本市場へ更なる技術展開を行いつつ、東南アジアでの積極的な協業を進めます。
Credifyは、主に銀行、保険を中心とした金融事業者における顧客獲得コストの削減、不正行為の削減、サービスへの信頼性を向上を目的とし、ブロックチェーン技術をベースにデジタルIDを起点とした信用構築技術の開発を進めています。現在は、その過程としてデジタルIDとそれに紐づくデータを活用した、ユーザ主導の”ユーザ送客システム”の開発に注力しています。

具体的には、異なる顧客基盤を持つ企業群に対し、それぞれが持つ顧客の個人情報を個人主導で取引ができるプラットフォームです。対エンドユーザーには、ユーザ自身の個人情報を安全に管理・提供許可できるプロダクト“idX”、対データ利用企業には、自社が持たない新たな潜在的顧客の情報にアクセスできるプラットフォーム“serviceX”の開発を進めています。
Credifyは、Plug and Play Japanをはじめ、500 Startups、Mizuho Crodwbrain、Sihub Expara、ThinkZoneなど有力なアクセラレータープログラムに採択され、パートナー企業を獲得するなど、事業開始1年目で着実にマイルストーンを達成しています。
2020年1月に実施された資金調達に加え今回の資本業務提携と調達により、Credifyはプロダクト開発を強化すると同時に、日本国内及び東南アジアでの事業展開を加速してまいります。





CredifyのCEO富永のコメント

“Credifyの戦略的ステークホルダー兼パートナーとしてTISさんとご一緒できることは、当社にとって素晴らしい成果です。TISさんは日本最大手の金融機関にサービスを提供される他、当社が拠点を持つ東南アジアでの事業基盤も積極的に拡大されているため、両社の協業の機会は非常に大きいと考えています。アジアの大企業は今、DXの課題に直面しています。我々は、Credifyの技術とTISさんの金融業界での数十年に及ぶご経験とご実績を繋ぎ、高い付加価値を加えて課題に取り組んでいます。CredifyはTISさんと密に協力し、東南アジアの事業の成功を加速させることを楽しみにしています。”


BEENEXTについて

数多くのIT企業の起業およびIPOを国内外にて担ってきた、佐藤輝英を中心に、国内外のテックスタートアップ企業へのベンチャー投資および「起業家のための起業家によるグローバルネットワーク」づくりを展開しています。現在、シンガポールを拠点に、主にインド、東南アジア、日本における、Eコマース、フィンテック、アグリテック、ヘルステック等、190社以上への投資および事業支援を行っています。

ホームページ:https://www.beenext.com/jp/


DEEPCOREについて

DEEPCOREは、「CORE for Disruptive Innovations」をミッションに、AI、特にディープラーニング分野の優れた若手起業家育成を目指すAI特化型インキュベーター 兼 ベンチャーキャピタルです。技術で破壊的イノベーションを起こす起業家を育成するエコシステムを構築し、ディープラーニングをはじめとしたAI技術の社会実装を目指します。東京都文京区本郷のKERNEL HONGO、KERNEL KASUGAを拠点に、AIテクノロジードリブンなコミュニティ運営や企業などとの共同実証実験、スタートアップ支援を行っています。

ホームページ:https://deepcore.jp/


TISについて

TISは、ビジネスを支える基幹システムから、高い競争力を生むアプリケーション、さらにはシステムの基盤となるプラットフォームまで、幅広い業界・分野でITサービスを提供する総合ITサービス企業です。TISは、長年にわたって培ってきた経験と技術により、常に顧客の経営課題を把握し、潜在的なニーズを先取りしたサービスを提供することで、顧客のデジタルビジネス変革に貢献します。

ホームページ:https://www.tis.co.jp/



会社概要

CredifyについてCredifyはシンガポールを拠点とし、日本、東南アジア各国の、銀行、保険等の金融事業者等にデジタルIDおよび信用構築技術を通じて、デジタルプラットフォーム間の架け橋として、ネットワークの拡大を促す仕組みを提供しています。

本社:Credify Pte. Ltd. (Singapore)
支社:Credify合同会社(東京文京区)、Credify Co, Ltd. (Ho Chi Minh City, Vietnam)
代表者:富永誠
メールアドレス:info@credify.one
ホームページ:https://credify.one/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン