このページの本文へ

【岐阜県発】山間部の圃場に適した農業用薬剤散布ドローンAIRTORO2を発売。スクールを通じた導入支援も実施

株式会社 AIRロボ
2020年11月25日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社 AIRロボ
ドローンの力で体力的な負担の大きい薬剤散布作業を軽減し農業のさらなる発展に貢献

岐阜県郡上市で産業用ドローン開発・販売とドローンスクール事業等に取り組む株式会社AIRロボ(代表取締役 岩井雅司)は日本国内、特に中山間地域のような規模の小さい圃場に適した農業用ドローンAIRTORO2シリーズを開発し、2020年11月25日(水)から受注販売を開始します。




農業へのドローンの活用が注目を集める一方、実際の導入例はまだあまり多くはありません。岐阜県に拠点をおく当社は現場の声を取り入れながら、山がちな日本に適した実用的な薬剤散布ドローンを開発しました。

同時に「便利なのはわかるがドローンの使用は怖い」というユーザー様の不安を解消するためドローンスクールで物件投下を含めたドローン操縦・運用に関する包括的な講座を開催し、導入をご支援いたします。

■ AIRTORO2の特徴

・散布料に合わせて液剤タンク10 L型と16 L型の二機種を用意

・工具不要の折りたたみ構造で軽ワゴン車*にも積載可能。複数圃場への移動も容易(*車種についてはご確認ください)

・6枚プロペラ構造で高い安全性とムラの無い噴霧幅を実現

・用途に合わせて液剤タンクの代わりに10L粒剤タンクを交換可能

・長方形の圃場や中山間地域の変形圃場等の圃場の形状に合わせた操縦モードを選択可能

・本体IP35、モーターIPX7の防水性能で保守管理が容易
(IPとは国際電気標準会議の規格に基づく防塵・防水表示です。それぞれの保護の度合いは、IP35:いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない、IPX7:規程の圧力、時間で水中に沒しても水が浸入しないとなっています。)



■ 導入支援
当社では安全・安心のドローン運用を第一に考えており、ドローン開発・導入ともにこれを重要視しています。

実際の導入についても基本的にスクールを受講いただき、操縦技能および航空法・機体への理解・安全運航等の知識について理解いただいた上での運用をおすすめしております。



■展示会
本製品は、生産性向上(見える化、省力化)とSDGsをテーマ約320社・機関が出展する新価値創造展2020オンライン(12月1日(火)~18日(金))に展示いたします。詳細は下記からご覧ください。
https://shinkachi-portal.smrj.go.jp/event/shinkachi2020/

■株式会社AIRロボ
2016年4月21日設立。効率化を追求した大型の薬剤散布ドローンをはじめとした産業用ドローンの開発・製造・販売とドローンパイロットを養成するスクール事業を展開。また、拠点である郡上市の観光名所PRを支援する空撮や水中映像撮影、および地方の課題解決へ貢献する農業効率化、災害対策支援、有害鳥獣対策支援といった地域に根差したドローン事業を推進しています。

所在地:〒501-4222
岐阜県郡上市八幡町島谷1266番地1 INGビル303
代表者:代表取締役 岩井雅司
URL:https://www.airrobo.net

【お問い合わせ先】
株式会社AIRロボ
TEL:0575-65-2700(10:00~17:00)
e-mail:airrobo@gujocity.net

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン