このページの本文へ

エッジAIカメラソリューションのAWL、菊池製作所と業務資本提携契約を締結

AWL株式会社
2020年11月24日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AWL株式会社
「総合ものづくり支援力」を強みとし、サービスロボット、IoTの開発・販売を推進する菊池製作所と、「先進のエッジAI技術」が強みのAWLが協業、AIカメラの社会実装を加速


北大発ベンチャーで、エッジAIカメラソリューションを提供するAWL株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北出 宗治、以下「当社」)は、幅広い加工技術を保有し、試作から量産までの「一括一貫体制」を強みとする、「総合ものづくり支援企業」の株式会社菊池製作所 (本社:東京都八王子市、代表取締役:菊池 功、以下「菊池製作所」)と業務資本提携契約を締結し、菊池製作所を引受人とする第三者割当増資を実施したことをお知らせいたします。



【本業務資本提携の目的及び背景】
当社はエッジAI技術をコアバリューとし、店舗や施設の防犯カメラをAI化するAWL BOX(アウルボックス)や、タブレットやサイネージにソフトウェアをインストールし、新型コロナウイルス感染症対策や、広告視聴分析を可能とするAWL Lite(アウルライト)など、店舗や施設の課題解決、価値向上を実現するためのソリューションを開発、提供しています。
今後AIカメラの社会実装が加速し、防犯カメラやサイネージ端末のみならず、ロボットやドローン、IoTデバイスなどとの連携により、リアル空間のデータ化、可視化、分析、自動制御といった領域での活用シーンが急速に広がる中で、社会実装のプロセスにおいて、今までにない形式でカメラやサイネージを組み込み、AIを稼働させるための新規のハードウェアの開発ニーズが急拡大しており、量産過程に入る前の実証実験における「試作」の重要性も日々高まっています。

菊池製作所は1970年の創業以来、一貫して時代のニーズに合わせた「総合ものづくり支援」を行っており、近年ではサービス・サポートロボットやドローンの開発、販売に力を注いでおり、ベンチャー企業への投資、連携による「事業化の総合支援」を通して新たな価値創出を推進しております。

この度、AI(ソフトウェア)開発に強みを持つ当社と、ものづくり(ハードウェア)に強みを持つ菊池製作所が、ロボット、ドローン、IoTといった、ソフトウェアとハードウェアの融合が求められるエッジAI領域において、両社が有するノウハウ、人材その他のリソースを相互に提供し合い、それぞれの強みを活かした連携を推進しながら、AIの社会実装を加速していくことを目的として、業務資本提携契約の締結に至りました。
本提携を通じ、それぞれの企業価値の最大化と更なる拡販・事業拡大に向けたさまざまな取り組みを行ってまいります。

■本プレスリリースのHP内URL
https://awl.co.jp/news/20201124/

【会社概要】
■AWL株式会社
代表者 : 代表取締役社長 北出 宗治
所在地 : 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目3−1 新東京ビル4階 434号室
設立 : 2016年6月
事業内容: エッジAIカメラソリューション事業
URL : https://awl.co.jp

■株式会社 菊池製作所
代表者 : 代表取締役 菊池 功
所在地 : 〒192-0152 東京都八王子市美山町2161-21
設立 : 1970年4月
事業内容 : 金属及びプラスチック製品の試作並びに量産設計・製作・販売、各種金型設計・製作・販売、工作機械の設計・製作・販売、各種ロボットの設計・製作・販売
URL : http://www.kikuchiseisakusho.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:AWL株式会社
担当者名:藤松、打田
TEL:03-6671-7392
Email:info@awl.co.jp

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン