このページの本文へ

株式会社MAIAが地域課題プロジェクト「Urban Innovation HIMEJI」に採択されました

株式会社MAIA
2020年11月19日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社MAIA
~姫路市の住民窓口センター窓口受付をストレスフリーに改善~


女性が自分らしく働く環境を作るため、女性テレワーカーの育成と全国の企業・自治体のデジタル化支援を行う株式会社MAIA(本社:東京都港区、代表取締役:月田有香、以下「MAIA」)は、地域・社会課題を解決するために約4ヶ月の協働実証実験を実施する「Urban Innovation JAPAN」 (運営: NPO法人コミュニティリンク、代表理事:中西雅幸) にて募集された姫路市住民窓口センターの「業務フローを改善させ、ストレスフリーな窓口へと覚醒させる!」プロジェクトの協働企業として採択されたことをお知らせします。


姫路市役所では窓口に訪れる住民の待ち時間の短縮化や手続きの負担を軽減するため、フロアマネージャーの増員や窓口レイアウトの変更など改善を行ってきましたが、窓口バックオフィスの業務フロー効率化が長年の課題となっていました。
この課題を解決すべく姫路市役所、株式会社MAIA、Urban Innovation JAPANがワンチームとなり約4ヶ月の実証実験に取り組みます。

■想定される改善点


現在の窓口業務では、住民異動届300件(繁忙期:1日あたり)の処理時間が358時間かかっています。業務効率向上のため、業務の一部自動化システムを導入することにより「書かせない」「間違わない」仕組みを構築します。
新システムを導入し利用率が100%の場合には、業務処理時間の187時間の削減(約52%の削減率)の改善効果を想定しています。


■MAIAの自治体向けサービス(https://www.municipality.maia.co.jp/


MAIAと進める「テクノロジー化×女性活躍」ソリューションで地方創生の実現をご支援します。

【会社概要】
■株式会社MAIA (https://www.maia.co.jp/)




MAIAは、「人生100年時代に、”自分らしく生きる”未来を、共に創造する」をビジョンに掲げ、RPA等のIT人材教育や女性の働き方改革に尽力しています。ITツールの専門スキルを持つ女性たちが、様々なIT導入から開発、運用、最終的には企業内での自走化までをトータルでサポートいたします。地方創生事業では、地産地消モデルとしてDX化の推進を図り、地域での女性の雇用創出と地域企業の生産性向上の実現をしていきます。


本社所在地 : 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー16F
設   立 : 2017年11月
代 表 者 : 代表取締役 月田 有香
資 本 金 : 23,300,000円

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン