このページの本文へ

ソニーなど、クラウド中継システムと5G網を活用した遠隔番組制作の実証実験に成功

2020年11月16日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CNG(クラウド・ニュース・ギャザリング)実証実験の構成図

 ソニーは11月16日、クラウド中継システムと5G網を活用した遠隔番組制作「CNG(クラウド・ニュース・ギャザリング)」の実証実験に成功したと発表した。

 ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ、ソニービジネスソリューション、ソニーモバイルコミュニケーションズおよび、フジテレビジョン、NTTドコモと共同で実施した実証実験で、11月9日に実施された。

 実証実験では、中継システムのクラウド化と5Gによる通信の大容量化・低遅延化により実現したもの。お台場地区の2ヵ所の中継地点で撮影したニュース映像・音声をソニー製トランスミッター試作機でそれぞれエンコードし、ネットワーク環境に適した形に制御しながら5G対応スマホ「Xperia」に入力。NTTドコモの5Gを用いた通信サービスを介してクラウド中継システムへ送信。

実証実験の様子

 フジテレビ本社からは、インターネット経由でこのクラウド中継システムを制御し、2地点からの映像・音声をリアルタイムで切り替えながら、検証用のライブ番組を制作するというもの。

 今回活用したクラウド中継システムは、報道を含むさまざまな映像制作用途を想定しソニーが開発を進めているシステムであり、番組制作の実証実験は今回が初めてという。これまでハードウエアで制御していた映像のスイッチングやテロップの重畳、動画ファイル再生といった多様な映像処理をクラウド上で行なうことができる。

 中継現場で映像をリアルタイムに切り替えて番組制作を行なう中継車の役割をクラウド上に構築できることにより、場所を選ばず遠隔からの番組制作が可能となり、人員配置や設備構築のさらなる最適化に寄与できることが実証されたとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン