このページの本文へ

「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究

2020年11月12日 06時01分更新

文● Neel V. Patel

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

天の川銀河には、太陽類似星を周回している居住可能な惑星が最低3億個存在している可能性が、新たな研究によって示された。NASAのケプラー宇宙望遠鏡の完全なデータセットとESAの宇宙望遠鏡ミッション「ガイア計画」のデータを使用することで、不確実性が少ない、より正確な推定が可能となった。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ