このページの本文へ

「食べチョク」が置き配バッグの「OKIPPA(オキッパ)」と連携。先着100名様限定で、実質0円で購入可能。

(株)ビビッドガーデン/食べチョク
2020年11月11日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ビビッドガーデン/食べチョク
新型コロナウイルスの感染防止や、再配達削減による物流生産性の向上を目指す

産直ECサイトNo.1(※1)の「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都港区 代表取締役社 長:秋元里奈 以下ビビッドガーデン)は、Yper株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:内山智晴、ヨミ:イーパー)が提供するアプリ連動型の置き配バッグ(TM)「OKIPPA(オキッパ)」と連携します。ヤマト運輸とのシステム連携に次ぐ、食べチョク物流構想の第2弾として、ご自宅にいなくても荷物が受け取り可能になる仕組みを提供します。 今回の連携により、ビビッドガーデンは食べチョク独自仕様の置き配バッグ「食べチョク置き配バッグ」を、食べチョク利用者に販売します。これにより食べチョク利用者は食べチョクからの荷物を非対面で、確実に受け取ることができるようになります。食べチョクは利用者のOKIPPA活用を推進することで、新型コロナウイルスの感染防止や、再配達削減による物流生産性の向上を目指しています。 また食べチョクは、初回キャンペーンとして先着100名様限定で、「食べチョク置き配バッグ」の料金が実質0円になるキャンペーンを実施します。


(※1)12社の産直ECサイト(生産者が消費者の自宅へ商品を直送することを特徴とする生産者特化型のECサイト)の中で、「お客様認知度」「お客様利用率」「お客様利用意向」「Webアクセス数」「SNSフォロワー数」「生産者認知度」の6つでNo.1を獲得
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000025043.html





「食べチョク」と「OKIPPA(オキッパ)」の連携について

■概要
ヤマト運輸とのシステム連携に次ぐ、食べチョク物流構想の第2弾として、置き配バッグ「OKIPPA(オキッパ)」と連携し、ご自宅にいなくても荷物が受け取り可能になる仕組みを提供します。

今回の連携により、食べチョク利用者が非対面で荷物を確実に受け取ることができる環境を整備し、新型コロナウイルスの感染防止や、再配達削減による物流生産性の向上を目指しています。

「食べチョク置き配バッグ」は、11月11日(水)より先行受付を開始し、12月下旬頃から順次お届けする予定です。

■活用シーン


(1)指定時刻に間に合わないとき
(2)手が離せないとき(入浴中、育児中、会議中など)
(3)対面で受け取りたくないとき
(4)眠っていたとき

■食べチョクオリジナル「食べチョク置き配バッグ」の特徴



(1)30秒で簡単設置(ワイヤーを玄関のドアノブに通すだけ)(※2)
(2)カギ付き南京錠と、専用ロックで盗難防止
(3)撥水加工と止水ファスナーで万が一の⾬から荷物を守る(※3)
(4)2Lのペットボトルが18本入る大容量
(※2)※玄関ドアの形状により多少設置に要する時間は変化します。
(※3)完全防水ではないため直接雨がかかると水が浸透する可能性があります。洗濯はお控えください。また、撥水効果はご利用とともに弱まりますので、市販の撥水スプレーをご利用ください。

■購入方法


食べチョクの専用ページから購入できます。先着100名様限定で、3,980円(税・送料込み)の「食べチョク置き配バッグ」の料金が実質0円になるキャンペーンを実施します。
URL:https://www.tabechoku.com/lp/okihai_bag/





食べチョク物流構想について

■ 第1弾:ヤマト運輸とシステム連携(2020年10月から開始)
生産者の煩雑な受注・出荷業務の効率化を図り、今までより簡単に発送作業をすることができるようになりました。さらに、食べチョク特別送料の提供により送料が通常配送料金から最大47%OFFになりました。

■ 第2弾:置き配バッグのOKIPPA(オキッパ)と連携(2020年11月から開始)
ご自宅にいなくても荷物が受け取り可能になります。
また、非対面で確実な荷物の受け取りを推奨することによる新型コロナウイルスの感染防止や、再配達削減による物流の生産性向上を目指しています。


OKIPPA(オキッパ)について

「OKIPPA」は煩雑な再配達受け取りを不要にする吊り下げ式のアプリ連動型の置き配バッグ™です。不在中だけでなく在宅時でも、⾮対面で荷物の受け取りが可能です。玄関ドアノブ等に簡単に取り付けができ、設置工事は不要。使用時以外は手のひらサイズに折りたたんでおけるため、常設していても玄関の場所を取りません。EC(ネット通販)のヘビーユーザーや、宅配ボックスがない住居にお住まいの方などに好評をいただき、2018年9月の販売開始から、すでに全国で16万個以上ご購入いただいています。(2020年11月11日現在)

「OKIPPAアプリ」:配送会社9社の配送状況表示に対応。OKIPPAに荷物が配送されると、配送完了通知が届きます。アカウント情報やメールをアプリと連携させると、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、ユニクロなどの通販サイトで購入した商品情報を自動で取得し、配送状況をいつでもすぐに確認することができます。
iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/%E8%8D%B7%E7%89%A9%E7%AE%A1%E7%90%86nr/id1334541155?mt=8
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nr_yper


Yper株式会社について

■会社概要
代表者:代表取締役 内山智晴
本社所在:東京都渋谷区南平台町13-15
設立日:2017年8月3日
事業内容:再配達をなくすアプリ連動型置き配バッグ™「OKIPPA」の製造・販売
会社HP:https://www.yper.co.jp/
OKIPPA公式サイト:https://www.okippa.life/

■OKIPPAに関するプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/31698


食べチョクについて

『食べチョク』は、こだわり生産者から直接食材や花きを購入できるオンラインマルシェです。12社の産直ECサイト(※1)の中で認知度や利用率などの6つのNO.1を獲得しています。野菜・果物をはじめ、米・肉・⿂・飲料といった食材全般と、花き類を取り扱っています。また好みに合う生産者を選んでくれる野菜定期便「食べチョクコンシェルジュ」や旬の果物が届く定期便「食べチョクフルーツセレクト」があり、定期的なお取り寄せができるのが特徴です。また、友達と分けあえる「共同購入」の機能や販売前に商品を取り置きできる予約機能などもあり、ライフスタイルに合わせた様々な買い方を提供しています。2020年11月に登録生産者数2,900軒を突破し、12,000品を超えるこだわりの逸品が出品されています。
・URL:https://www.tabechoku.com/
・iOS版アプリ:https://apps.apple.com/jp/app/id1517340079
・公式Twitter:https://twitter.com/tabechoku
・公式Instagram:https://www.instagram.com/tabechoku/
(※1)産直ECサイト:生産者が消費者の自宅へ商品を直送することを特徴とする生産者特化型のECサイト


株式会社ビビッドガーデンについて

■概要
代表者:代表取締役社長 秋元里奈
本社所在:東京都港区白金台2-16-8
設立日:2016年11月29日
事業内容:こだわり食材のマーケットプレイス『食べチョク』、飲食店向け仕入れサービス『食べチョクPro』の開発・運営
会社HP:https://vivid-garden.co.jp/

■沿革
2016.11 株式会社ビビッドガーデン 設立
2017.08 「食べチョク」正式版リリース
2018.02 シードとして4000万円を資金調達、おまかせ野菜定期便「食べチョクコンシェルジュ」リリース
2018.11 法人向け仕入れサービス「食べチョクPro」リリース
2019.07 「肉チョク」「魚チョク」リリース
2019.09 神明ホールディングスと資本提携、「酒チョク」リリース
2019.10 シリーズAとして2億円を資金調達、旬の果物定期便「食べチョクフルーツセレクト」リリース
2020.06 「花チョク」リリース
2020.07 iOSアプリリリース、初のテレビCMを開始
2020.08  シリーズBとして6億円を資金調達、生産者の学び合いの場「食べチョク学校」を開校

■食べチョクのプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/25043

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン