このページの本文へ

英文法を「英語を話す人の気持ちの表れ方」として勉強しなおす中級者向けコース

スタディーハッカー、Udemyで全21本の英語学習動画をリリース

2020年11月10日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スタディーハッカーは11月10日、オンライン教育プラットフォーム「Udemy(ユーデミー)」で、英語学習動画「認知文法に基づく英語学習 英文法HACKER〜ネイティブの気持ちをハックしろ!〜」をリリースしたと発表。全21本の講義動画とコース紹介動画で構成され、価格は4800円。

 認知言語学をベースとした「認知文法」と呼ばれる考え方を通して、英文法を「英語を話す人の気持ちの表れ方」として勉強しなおす、中級者向けの英文法やり直しコースとのこと。英語を聞いたり話したりするときに英語そのものの感覚を実感したい人、ビジネスシーンで英語を使ってスムーズにコミュニケーションをとりたい人にオススメとしている。

 DAY1~21の全21本の講義動画を通じて、丸暗記に頼ることなく「ネイティブの気持ち」を理解するように英文法を理解し、英語が使えるようになることを目指すとのこと。また、英語の「文型」「時制」「助動詞」を理解することで、直感的に英文を作り、話すための基礎を鍛えることができる内容だという。

 DAY1では、英語話者の世界の見方を知ることで「なぜこういう言い回しをするのか?」という感覚がわかり、英語独自の言い回しを使えるようになるとのこと。

 DAY2~5では、今まで判別テストのためだった文型を「まとめて使える便利な意味セット」として使えるようになり、素早く英文を作れるようになるという。

 DAY6~12では、英語学習者にありがちだという「文法の時制と物理的な時間の混同」を解消し、より直感的な時間表現ができるようになるとしている。

 DAY13~18では、「事実を述べるのではなく、意見、予想を述べるのが助動詞の役割」という、助動詞の本質的な使用を学べるとのこと。

 DAY19~21では、「ifさえ使えば仮定法」という認識から離れ、「事実の世界と空想の世界」の区別に基づいた仮定法の適切な使用を学べるという。

カテゴリートップへ