このページの本文へ

グローバルデジタル署名市場規模調査、コンポーネント別(ソリューションとサービス)、展開モード別(オンプレミスとクラウド)、組織規模別、業種別および地域予測2020-2027年

Kenneth Research
2020年11月06日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「グローバルデジタル署名市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年11月 05日 に発刊しました。市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されています。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10336567



デジタル署名は、暗号化と復号化の方法に依存しており、デジタルドキュメント、ソフトウェア、または電子メール、ワードドキュメント、ポータブルドキュメント形式などの電子メッセージの検証と認証に使用されます。これは、秘密鍵と公開鍵を含むデジタルIDで構成されます(IDを確認し、ドキュメントに関連する変更を追跡する「ハッシュ」を備えたデジタルドキュメントのデジタル署名として機能します)。

世界のデジタル署名市場は2019年に約21億米ドルと評価され、2020-2027年の予測期間中に31.0%以上の成長率で成長すると予想されています。

政府や企業による電子文書への投資の増加、エンドツーエンドの顧客体験の向上は、予測期間中のデジタル署名市場の成長の原因となっています。制御されたシームレスなワークフローによるセキュリティの強化と、より低いOPEXでの運用効率の向上も、市場の成長を後押ししています。 署名後に紙の文書が変更される可能性があり、デジタル署名を変更または操作することは事実上不可能です。したがって、市場の成長をさらに促進するデータの信頼性を保証します。

さらに、市場の主要プレーヤーによる進歩とその他の戦略的提携の高まりは、この市場に有利な需要を生み出すと予測されます。2020年8月27日、DocuSignとWorkplace by Facebookは、デジタル署名ワークフローをチャットとソーシャルプラットフォームに統合しました。主に、デジタル変革の取り組みとリモートワークの中でのクラウドの合意に焦点を当てました。また、2020年7月、VitroとThalesはパートナーシップを締結しました。これにより、Thalesは、電子メールやWebアプリケーションを含むVotiroのSecure File Gateway製品ラインを使用して効率的なデジタルサービスを提供し、ファイルを介したすべての脅威から北米の政府機関を保護できます。

しかし、デジタル署名の合法性についての認識の欠如は、予測期間中に世界のデジタル署名市場の成長を抑制する主な要因です。

ヨーロッパは、トップ市場シェアを保持すると予測
ヨーロッパは、市場シェアの点で世界の主要/重要な地域です。これは、高度なテクノロジーの採用が進んでいるためであり、デジタル署名に関連する認識はヨーロッパで広く取り上げられており、強力な政府規制によってさらに強調されています。一方、アジア太平洋地域も2020-2027年の予測期間中に最高の成長率/ CAGRを示すと予想されます。

市場セグメンテーション洞察
グローバルデジタル署名市場は、コンポーネント別(ソリューションとサービス)、展開モード別(オンプレミスとクラウド)、組織規模別(大企業と中小企業)、ソリューション別(ソフトウェアとハードウェア)、業種別(BFSI、政府と防衛、ヘルスケアとライフサイエンス、法務、不動産、教育など)および地域別によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のグローバルデジタル署名市場はへの投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。グローバルデジタル署名市場はにおける業界のリーダーはAdobe Inc.、OneSpan、Thales Group、DocuSign, Inc.、IDEMIA、Ascertia、Zoho Corporation、GlobalSign、Entrust Datacard、DigiCert, Inc.などです。

Eurostatによると、ICT製造とICTサービスを含む、ヨーロッパのICTセクターの合計額は、2017年に4,750億ユーロを超えると推定されています。このセクターでは、ICTサービスがICT製造業が保有するシェアの10倍になると予測されているため、ICTサービスが大きなシェアを占めています。ICTサービスは、コンピュータープログラミング、コンサルティング、および関連する活動で構成され、2017年には、約49.1%のシェアを占め、電気通信活動は、このセグメントで約30.3%のシェアを占めました。これらの要因は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与えると推定されています。

地理に基づいて、市場は以下の地域に分割されています。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。


[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/digital-signature-market/10336567

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン