このページの本文へ

協働ロボット市場―(ペイロード別:最大5kg、6-10kg以上10kg以上;アプリケーション別;業界別;地域別)世界のシナリオ、市場規模、展望、傾向と予測、2015ー2024年

Kenneth Research
2020年11月06日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「協働ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」2020年11月 05日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、2015ー2024年の予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325533



協働ロボットは、機械の精度・速度、および人間の柔軟性などを組み合わせて設計されています。それらは手頃な価格で、簡単にトレーニングできます。協働ロボットは、自動車および電子分野で広く使用されており、短期間の反復的で退屈な作業のほとんどがこれらのロボットによって実行されます。病院や医療センターも協働ロボットを配備して、患者ケアの全体的な質の向上、無駄の削減、病院のコストの削減を支援しています。ベルギーの2つの有名な病院は、患者と訪問者を歓迎するために、受付にヒューマノイドロボットを配備しました。協働ロボットは現在、オフィス、ラボ、家庭、倉庫、農場など、さまざまな場所で人間を支援するために使用されています。

世界の協働ロボット市場は、2016年の1億米ドルから2024年までに13億米ドルに達すると予想され、2016ー2024年まで33.2%のCAGRで成長しています。

プラスチック、電気、自動車セクターでのロボットの需要の増加、人件費の上昇、スキルと専門的な労働力の不足などの要因が、世界の協働ロボット市場の成長を推進しています。国内および商業目的でのこれらのロボットの高い採用も市場の成長に貢献しています。さらに、非産業部門は今後数年間でいくつかの機会を提供すると予測されます。しかし、最新機能の新規追加の伸びの鈍化、および主要国の経済の減速により、これらのロボットの世界的な採用が妨げられる可能性があります。

世界の協働ロボット市場は、ペイロード、アプリケーション、業界、地理に基づいて分類されています。ペイロード別によって市場は、最大5kg、6-10kg、および10kg以上に分割されます。さらに、アプリケーションは、機械の手入れ、パッケージング、取り扱い、組み立て、品質テスト、溶接などに分割されます。産業は、自動車、食品および飲料、航空宇宙、プラスチックおよびポリマー、金属および機械加工などに分類できます。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

主要企業
レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。協働ロボット市場における業界のリーダーはRobert Bosch GmbH, Universal Robots A/S, Kawasaki Heavy Industries, Ltd., Energid Technologies Corporation, Rethink Robotics, ABB Ltd., Precise Automation Inc., F&P Robotics AG., KUKA AG, FANUC Corporationなどです。

レポートの主なハイライト


市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

地域によって成長ハイライト

協働ロボット市場に関するレポートは、地理に基づいて、北米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカの5つの主要地域にさらに分割されています。

アジア太平洋地域は、最大のシェアを占める予測

アジア太平洋地域は、世界の協働ロボット市場の最大のシェアを占めると推定されています。この大きなシェアは、この地域、特に自動車、電子機器、金属および機械のセクターにおける大規模な製造業の存在に起因する可能性があります。また、この地域の主要なロボットメーカーの存在感の高まり、政府のイニシアチブ、革新、およびロボット工学への投資は、この地域の協働ロボット市場の成長をさらにサポートします。しかし、ヨーロッパ地域は予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されます。ヨーロッパは協働ロボットの早期採用者の一つであり、高い成長を遂げています。この成長は主に、インダストリー4.0と人工知能の導入によるものです。これにより、中小企業と大企業の両方が協働ロボットを採用して生産能力を近代化しました。

さらに、市場は地域別によってさらに分割されています。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。


このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/collaborative-robots-market/10325533

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン