このページの本文へ

メール共有クラウド『Re:lation(リレーション)』のiPhoneアプリにスワイプ操作機能が追加されました

株式会社インゲージ
2020年11月04日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社インゲージ
株式会社インゲージ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:和田哲也)の提供する、メール共有クラウド『Re:lation(リレーション)』ならびに『Re:lation for Biz(リレーション・フォー・ビズ)』にて、iPhoneアプリがアップデートされ、スワイプでの操作が可能になりましたので、お知らせいたします。


アップデートの概要

2020年3月のリリース以降、既に多くのお客様にご利用いただいているRe:lationのiPhoneアプリが、このたびのアップデートでスワイプ操作に対応しました。一覧画面でチケットをスワイプするだけで「対応完了」や「ゴミ箱」などのステータスへ移動させることができます。



iPhoneアプリについて

いまやスマートフォンのビジネス活用の重要性は広く認識されており、テレワーク・在宅勤務など多様な働き方を推進するうえでもそのニーズは年々高まっています。
『Re:lation』のiPhoneアプリでは、外出先からスマートフォンでRe:lationを起動し、過去のやり取りの参照、リアルタイムでの対応状況の確認はもちろん、メールの返信や承認、コメントの投稿などもiPhoneに最適化されたデザインで操作できます。

・プッシュ通知で、自分宛のコメントや担当者設定されたメールを確認
・部下やアシスタントからの承認依頼を、出張中や外出中に承認
・客先訪問前に、担当者とのメール等のやりとりを確認
・社内にいるスタッフの状況を移動中に確認し、指示をコメント

といった活用方法が想定されます。特に外出の多い管理職や営業社員が活用することで、より効率的な情報共有・連絡できます。

『Re:lation(リレーション)』『Re:lation for Biz(リレーション・フォー・ビズ)』について




『Re:lation(リレーション)』は、メール、LINE、Twitter、チャット、電話対応などの複数のお問い合わせ窓口を一元管理し、チームで共有できるコミュニケーションクラウドです。

『Re:lation』は複数人で問い合わせに当たることを前提に、二重返信防止、未対応案件が一目瞭然のステータス管理、承認機能などの機能を備え、対応ミスや漏れを未然に防ぎ「一人ひとりと向き合える」顧客対応を実現できます。

メール・LINE・チャットなど異なる窓口からの問い合わせも、過去のやり取りをひとまとめに確認できるタイムライン機能、添付ファイルや予約語設定も可能なテンプレート・フレーズ共有などの機能により、応対スピードも、応対品質も飛躍的に高まります。

問い合わせ業務の効率化・対応品質の向上に寄与し、デザイン性も優れている点が高く評価され、EC事業者・コールセンターを中心に2,300社以上の導入実績があり、2019年にはグッドデザイン賞を受賞しました。

『Re:lation』は、ブラウザベースで利用可能なクラウドサービスであり、インターネット環境さえあれば、テレワークや在宅勤務、あるいは地方拠点での勤務であっても、同じチーム・部署内のメールを共有することができます(※1)。これにより、勤務時間や勤務場所が異なっても、細やかな相互のコミュニケーションが自然に生まれ、チームとしての一体感が醸成されます。

Re:lation: https://ingage.jp/relation
Re:lation for Biz : https://ingage.jp/relation-biz/

補足

※1 接続できるネットワーク環境を限定することも可能。(プランにより設定)この文章内に記載されている企業名、サービス名、製品名は一般に各企業の登録商標または商標です。なお、本文および図表中に「™」、「(R)」は明記しておりません。

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社インゲージ カスタマーサクセス部
電話番号:050-3116-8373
メール:contact@ingage.jp

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン