このページの本文へ

グーグル、写真から生成した「首里城正殿 3D復元モデル」などを公開

2020年10月30日 15時00分更新

文● 飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第7回世界遺産サミットの開催に合わせて公開されたGoogle Arts & Cultureのオンライン展示「首里城復興」

 グーグルはGoogle Arts & Cultureにて、沖縄県をパートナーに迎えて首里城と琉球文化をオンライン展示「首里城復興」(英文「Reconstructing Shurijo Castle」)として公開することを10月30日に公表した。

 Google Arts & Cultureは、世界各地の美術館や博物館などが所蔵する作品や文化遺産を鑑賞できるオンラインサービス。日本では100以上、全体では2000を超える美術館や博物館などが参加している。

 「首里城復興」では、高解像度の画像や動画、ストリートビューなどで首里城と琉球文化を紹介する。本プロジェクトは、「首里城正殿 3D復元モデル」を含む8つのオンライン展示で構成される。

別々の人が異なる日時に撮影した2000枚以上の写真をつなげて3Dモデルを構築

●8つのオンライン展示の内容
・「記憶をつなぐ ―思い出の写真から復元した首里城」ーーエンジニア、コンピュータ・ビジョンやVRの研究者、学生などのボランティアで構成された「みんなの首里城デジタル復元プロジェクト」により、写真から「首里城正殿の3D復元モデル」を生成。3D復元モデルの作成には、世界中の約3000人を超える人々から寄せられた8万枚の首里城の写真データを活用、別々の人が異なる日時に撮影した2000枚以上の写真をつなげてモデルの構築に用いた。
・「在りし日の首里城」ーー創建から4度再建されたかつての美しい首里城の姿を紹介。
・「空からみた首里城の昔と今」ーー2020年10月に撮影した最新の首里城をストリートビューの360度パノラマ画像も用い、琉球王国の終焉からの変遷を地上や空からの様々な視点で紹介。
・「首里城正殿―日本と中国の様式を取り入れた琉球独自の意匠」ーー首里城正殿に残る日本や中国の建築様式の紹介。
・「沖縄の歴史や文化を代表する9つの世界遺産」ーー世界文化遺産に登録された「琉球王国のグスク及び関連遺産群」をストリートビューや360 度動画で巡ることができる。
・「琉球の手わざ ―琉球王国の文化―」ーー王国時代にあった8つの手わざを紹介。
・「首里城の旅」ーー火災後、段階的に公開を進めている首里城公園。2020年10月現在の首里城の姿を紹介。
・「450年の歴史が産んだ琉球文化日本遺産」ーー琉球王国時代から連綿と続く沖縄の伝統的な「琉球料理」、「泡盛」、「芸能」の紹介。

 本プロジェクトは、Google Arts & Cultureのサイト(g.co/shurijocastle)にアクセスするか、Google Arts & Culture アプリ(Android / iOS)をダウンロードすることで視聴できる。

 

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン