このページの本文へ

Fnatic Gear「miniSTREAK」

プロe-Sportsチームを手掛けるFnatic Gearがテンキーレスの日本語キーボードを発売

2020年10月23日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プロe-SportsチームFnaticが手掛けるゲーミングデバイスメーカーFnatic Gearから、テンキーレスレイアウトのコンパクトキーボード「miniSTREAK」シリーズが発売された。

Fnatic Gearから発売されたテンキーレス&日本語レイアウトのコンパクトキーボード「miniSTREAK」シリーズ

 「miniSTREAK US」の日本語配列モデル。堅牢で美しいアルマイト加工のトッププレートを採用する本体は、サイズが360(W)×142(D)×36(H)mmで、重量は704g。すべてのキーにRGBバックライトを搭載し、8パターンのライティングモードを切り替えできる。

日本語配列 91キーボードで取り外し可能なポリウレタンレザーのパームレストが付属する

 ラインナップは、標準的なCherryキースイッチと比べ打鍵音を約30%低減した「Cherry MX RGB Silent Red」採用の「miniSTREAK Silent Red JP」(1万8700円)と標準的な打音と重さの「Cherry MX RGB Brown」採用の「miniSTREAK Brown JP」(1万8700円)、さらに高い信頼性と耐久性を誇るKailh Speed Silverキースイッチを採用する「miniSTREAK SPEED JP」(1万4300円)が用意される。販売しているのはパソコンショップアークとTSUKUMO eX.。

持ち運びしやすい薄型軽量ボディと着脱式USBケーブルを採用する

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中