このページの本文へ

最大32GBメモリー/vCPU10コア/1600GB SSDまでをラインアップ

VPSの「WebARENA Indigo」、月額825円からのWindowsプランが登場

2020年10月15日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTPCコミュニケーションズは10月14日、ホスティングサービス「WebARENA Indigo」において、Windowsプランの提供を開始した。

 OSとしてWindows Server 2019 DataCenter Editionを搭載し、最大で32GBメモリー、vCPU10コア、高スペックなVPSまでラインアップする。データベースやコンテナなど高い処理性能が要求される開発環境としても利用可能とのこと。また、2019年10月から提供しているLinuxプランと同様に、シンプルで解りやすいコントロールパネルで優れた操作性を実現したという。

 月額上限料金は825円から。初期費用は無料。詳細な料金は以下のとおり。

メモリー vCPU SSDディスク 従量料金 月額上限料金
1GB 2vCPU 50GB 1.25円/時間(1.375円/時間) 825円
2GB 3vCPU 100GB 2.5円/時間(2.75円/時間) 1650円
4GB 4vCPU 200GB 5円/時間(5.5円/時間) 3190円
8GB 6vCPU 400GB 10円/時間(11円/時間) 6490円
16GB 8vCPU 800GB 20円/時間(22円/時間) 1万3200円
32GB 10vCPU 1600GB 40円/時間(44円/時間) 2万6400円

 11月中旬からは、今回のWebARENA Indigo Windowsプランを活用することで、ユーザーが契約するOffice 365ライセンスをリモート環境で利用できるようになるとのこと。クラウド事業者などのサービスプロバイダー向けライセンスなどを別途購入する必要がなくなるため、追加コストを抑えて、オンプレミス環境からクラウド基盤への移行がより一層容易になるとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ