このページの本文へ

キヤノン、ミラーレスデジカメ「EOS Kiss M2」などを発表

2020年10月14日 16時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「EOS Kiss M2 EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」装着時

 キヤノンは10月14日、エントリークラスのミラーレスデジカメ「EOS Kiss M2」を発表。11月下旬に発売する。

 小型・軽量なミラーレスカメラとして好評の「EOS Kiss M」の後継モデルにあたり、各画素が撮像と位相差AFの両方の機能を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」の搭載により高速・高精度なAFを実現。AF追従で最高およそ7.4コマ/秒、AF固定ならば最高およそ10コマ/秒の高速連写性能や、動く被写体の瞳を検出してピントを合わせるサーボAF/動画サーボAF対応の「瞳検出」などの撮影機能を搭載。

 有効画素数およそ2410万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)と映像エンジンDIGIC 8の組み合わせにより、高画質な静止画や動画の撮影を手軽に楽しめるほか、4Kの高精細な動画撮影も可能。

 タッチ操作可能なバリアングル液晶ディスプレー、有機ELのEVFを搭載。同社としては初搭載となる「タップで被写体選択」機能は、EVF内に表示されている顔/瞳を対象としたAFフレームの位置を液晶モニターをタップして切り替えることが可能。

「タップで被写体選択」

 ボディー単体は8万4700円前後の見込み、レンズキット、ダブルズームキットなどが用意される。

PowerShot ZOOM

 また、スポーツ観戦やバードウォッチング、旅行、子どものスポーツ応援といったさまざまな場面で「観る」ことを楽しみながら、好きな瞬間を「撮る」ことを可能にする新コンセプトの望遠鏡型デジカメ「PowerShot ZOOM」も発表。11月中旬に発売する。

 光学4倍ズームを備え、焦点距離100~400mm(デジタルズーム800mm)の望遠撮影が可能ながら片手に収まるコンパクトなサイズ。有効画素数およそ1210万画素の1/3型CMOSセンサーを搭載。EVFや光学手ブレ補正機能を備える。価格は3万5750円前後の見込み。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン