このページの本文へ

ベルフェイスの新サービス「bellMe(ベルミー)」β版リリース

2020年09月30日 11時00分更新

文● ベルフェイス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ベルフェイス
SMSにURLを送るだけで10秒で繋がる。「有形商材」の接客やサポートなどをオンライン化。

オンライン営業システム「bellFace(ベルフェイス)」の開発・販売事業を行う、ベルフェイス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中島 一明、以下ベルフェイス)は、9月30日(水)に、ビデオチャットツール「bellMe(ベルミー)」のβ版をリリースします。



本サービスは、「TestFlight」という iOSアプリのテスター向け配信サービスを通じて一部企業に提供されます。スマートフォンより瞬時にビデオ通話で情報を共有し、 1対1でのオンライン接客を実現するサービスとなります。具体的な活用例としては、インテリアや自動車など有形商材における接客や、結婚式場案内、また、災害時の緊急を要するトラブル対応など、幅広い活用を想定しています。双方がスマートフォンのビデオカメラを通じて手軽に商品を映し出せたり、災害時などの緊急時に状況を伝えることが可能です。

ベルフェイスが「bellFace」以外のサービスを展開するのは今回の「bellMe」が初となります。


■bellMe(ベルミー)に関して
本サービスは、ベルフェイス初の「bellFace(ベルフェイス)」以外のオンライン営業ツールとなっています。これまでオンライン上では営業が難しいとされてきた、有形商材を販売できるツールとしての活用が期待されています。

有形商材のアフターケアをメインとして、各種接客販売、ツアー、診療、トラブル時のサポートなど、あらゆるシーンにおいて消費者と簡単に、かつリッチなコミュニケーションが取ることができます。接続は約10秒で行えるため、電話番号さえ知っていれば、あらゆる場合において、迅速な対応を取ることが可能です。また、企業側は接客の録画・録音データ蓄積することで、そのノウハウを企業内で共有でき、データを活用した接客の品質向上も実現できます。


<bellMe(ベルミー)利用の流れ>

1. 企業側:SMSで任意のURLをお客様に送信
2. お客様:そのURLのリンクをクリック
3. 瞬時にビデオ通話
4. ビデオ通話の録画録音データやメモの内容が自動的に企業側に保存される


新サービス「bellMe(ベルミー)」サイトURL
http://bellme.interview-s.com/

※テストサービスを利用するためには「TestFlight」のダウンロードが必要です(関係者限)
※UIは仮のものとなります。


<bellMe(ベルミー)利用シーン(一例)>



<機能紹介>
1.録画録音機能
ベルミーを使ったビデオ通話は自動的に記録され、セールス/接客/面談の振り返りに利用することができます。
記録された録画情報は自動的にテキスト化されて後から分析することが可能です。
2.CRM機能 ※9/30現在開発中
CRMのシステムとして、各担当者が個別に保有するお客様の情報を一元管理することができます。
3.チャット機能 ※9/30現在開発中
ベルミーのビデオ通話機能だけでなく、電話帳に記録されているお客様にPDF/写真/動画のファイルを直接送信することができます。

<利用デバイスおよび推奨環境>
企業側(ホスト側)もお客様側(ゲスト側)もスマートフォンを利用

・ホスト推奨環境
 iOS 13.0以上

・ゲスト推奨環境
 iOS 12.0以上
 Android 8.0以上

<正式リリース>
2021年初旬頃を予定

ベルフェイスは、既存のオンライン営業システムを基軸に、新しいコミュニケーションデータの活用を今回のベルミーの開発を起点とし、創造してまいります。

■ベルフェイス株式会社について
名称:ベルフェイス株式会社
設立:2015年4月27日
代表取締役:中島 一明
住所:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 39階 WeWork
事業内容:オンライン営業システム「bellFace」の開発・販売、インサイドセールスコンサルティング、データ分析
会社HP:https://corp.bell-face.com/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン