このページの本文へ

WithコロナでのICT×日本語教育のミライを考える「One Step Ahead」を10月8日に開催

2020年09月30日 10時59分更新

文● 株式会社Saola

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社Saola
One Step Aheadでは、Withコロナの時代でどのように日本語教育と日本語教師に変容が起こるかを皆様と「共想」し「共創」する場を提供します。

オンライン日本語学習プラットフォームを提供する株式会社Saola(本社:東京都渋谷区、代表取締役:上尾 透眞)は、「高度日本語人財・グローバル人財育成と日本語教育コンサルティングを担う」合同会社おおぞら日本語サポートと共催で、WithコロナでのICT×日本語教育のミライを考える「One Step Ahead」を10月8日(木)19:30-21:00 @オンラインにて開催致します。 【参加申し込みURL】https://onestepahead.peatix.com/




One Step Ahead詳細
「非常事態宣言」が発令され、それに伴い私たちの暮らしは大きく変わりました。そして日本語教育にもその変化の波は来ています。変化の兆しを一歩前(one step ahead)に進む『新しい変容』の機会と捉え、私たち日本語教師は自らをどのようにアップデートするのか、そしてミライの日本語教育をどう描いていくのかを、藤本かおる先生と双方向で「共想」し「共創」していきます。


実施の背景

日本語教育業界がオンライン化にとりかかる黎明期に差し掛かっており、オンラインツールを知りたい・学びたいという強いニーズが表層化しています。
こういった現状の中で、藤本かおる先生にご登壇頂き「Withコロナの日本語教育はどのようになっているか」や、「With After コロナの世界での今後の日本語教育がどうなっていくか」という観点を双方向でお話したいというお声を多く日本語教師の方々から頂き、開催する運びとなりました。





プログラム


当イベントの紹介
ご登壇者のご紹介
スピーチセッション
クロストークセッションオンライン授業でも役立つツールSli.doを用いて藤本先生と、ご参加いだいた皆様との双方向のコミュニケーションを体験していただきます。
クロージング



登壇者プロフィール

     藤本 かおる 先生




日本語教師として日本語を教える傍ら、放送大学や日本語学校などで、教育のICTに関わる業務を担当。2019年『教室へのICT活用入門』(国書刊行会)を出版。専門は日本語教育、遠隔教育、eラーニングで、現在は、Facebookのグループやオンラインで日本語の先生たちの学びのオンライン化をサポート、YouTubeで動画も公開している。


実施概要
イベント名:「One Step Ahead」 WithコロナでのICT×日本語教育のミライを考える
開催日:2020年10月8日(木) 19:30-21:00
会場名:Zoom Webinor
申し込み方法:https://onestepahead.peatix.com/
参加費:1,000円 (初回特別価格)


株式会社Saolaについて
Saolaは日本語教育のオンライン化を支援するプラットフォームを提供しております。学習の流れである、学習計画作成、授業、課題やテスト、成績評価を作成・一元管理を可能にします。また、これまで歯がゆかった学習者の躓きや成長の背景を「学習結果」と「学習」「人間関係」「生活」の満足度を通じて可視化することもできます。これらのサービスは売上増加や教師様の負担軽減だけに留まらず、学習者の日本での生活がより善い体験となるよう寄与することができます。



会社概要
会社名:株式会社Saola
所在地:東京都渋谷区神南1-20-2 第一清水ビル2階
代表者:上尾 透眞
設立:2020年4月9日
URL:https://saola.co.jp/#1
事業内容:学習計画作成から生徒の進捗管理まで一気通貫で行えるオンライン日本語学習プラットフォームの開発・提供

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン