このページの本文へ

医療機関に特化したYouTube動画ブランディングサービス提供開始

2020年09月30日 08時30分更新

文● 株式会社Veterans

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社Veterans
医療機関からの情報発信により正しい医療情報を患者さんへ提供するために

株式会社Veterans(本社:東京都千代田区、代表取締役:太田 佑)は、医療機関に特化した動画ブランディングサービス「Clinic for YouTube」を本格的にサービス提供を開始致します。 【URL】https://clinicforyoutube.com/


■サービス提供の背景
・YouTubeで適切な医療情報配信の必要性
昨今のスマートフォン普及や5Gの時代を迎えるにあたりYouTubeを始めとした動画コンテンツがより配信されやすい環境が整備されてきました。一方で、医療関係者の参入数の少なさから医療関係者以外の情報発信により、必ずしも正しい情報では無い医療関連情報が動画で散見されます。患者さんが納得できる医療には、正しい医療情報を得てもらうことが必須です。ただ、動画配信に興味はあるものの、技術的な煩雑さから二の足を踏まれている医療機関がほとんどだと思います。そうした医療機関に対し、株式会社Veteransでは、トライアルスタートから本格的なチャネル運営までをサポートし、正しい医療情報の配信をお手伝いしていきたいと考えています。

・情報発信としてのYouTube活用価値
併せて、YouTubeは検索エンジンとしてGoogle, Yahooに次いで3位の媒体まで成長してきています。動画はテキストよりもメッセージ性や訴求性が高いというメリットがあり、患者さんに対し、分かりやすい情報発信をすることができます。弊社は、医療機関が抱える集患、雇用やブランディングといった課題に対して、YouTubeチャンネル、動画コンテンツを使い、そうした医療機関のブランディング化をホームページや各種sns媒体と併せることによる認知向上や患者さんと医療機関双方の相互理解が深まるコミュニケーションを使命として取り組み及び提供をスタートしていきます。

■医療機関がYouTubeを活用するメリット


YouTubeを使うことで、動画の特性を活かした情報伝達ができます。また、ホームページやInstagram, Facebook, Twitter等の他sns媒体と連携することで新たな患者さんとの接点を得ることができます。YouTube自体検索エンジンとして、Google、Yahooと肩を並べる月間利用者数や検索に利用さている媒体です。
採用し辛い看護師、スタッフの採用導線としてYouTubeを活用できます。YouTube内からの流入のみならず、ホームページにYouTube動画を掲載することで明確にメッセージを伝える事ができます。
患者さんは、診療する院長・医師を信頼して受診します。ホームページ上に患者さん向けのメッセージを動画で伝える事で、分かりやすい訴求が可能です。
新規導入した施術・治療法や患者さんが納得できる治療について、動画を使うことで、院長・スタッフさんから患者さんへ分かりやすく紹介することができます。


7月から試験的に運用して参りましたが、一定の成果が見込まれることからこの度本格的にYouTubeを使った動画による医療機関の集患・医院ブランディングのお手伝いをさせていただきたく運びとなりました。

Clinic for YouTubeでは、YouTubeチャンネル開設&基本設定代行から動画撮影・編集・公開とYouTubeチャンネルの運用代行やInstagram, Facebook, Twitter等の各種snsを連携したブランディングを行うことが可能です。

Clinic for YouTube
https://clinicforyoutube.com/

■導入の流れ


■YouTubeを使ったブランディングとは
YouTubeを使い患者さんへ効果的に貴院を認知していただくことやYouTubeをうまく活用いただくことで、Google検索エンジンのSEO対策にも繋がる施策です。弊社は既に医科・歯科共に取り組み実績があり、患者さんがYouTubeを見て来院・予約された事例やホームページに動画を掲載した活用事例があります。また、InstagramやFacebookと併せてYouTubeを利用することで、患者さんや潜在患者さんへさらに訴求効果が高まります。

一方で、SEO対策がYouTubeでも必要となり、適切なタイトル、サムネイル画像(表紙画像)、動画編集とYouTubeチャンネルの作り方が重要です。弊社は医療機関に特化して、YouTubeチャンネル開設から動画編集、コンテンツ作成ご支援をしておりますので、医療機関での活用事例や効果的な施策の提案が可能です。

コロナ禍におけるインターネットやYouTubeの広がりにより、医療機関も続々とYouTubeチャンネル開設をしはじめています。ただ、スタートしたものの運用が難しい、再生回数が伸び悩むといった医療機関から新規にスタートしたいと考える医療機関に対し、目的に応じた有効な提案をして参ります。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン