このページの本文へ

レコメンドエンジン「AVILEN FALCON」を導入した、高齢者向け住宅施設紹介サイト「ココシニア」リリース

2020年09月29日 10時00分更新

文● 株式会社AVILEN

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社AVILEN
株式会社ステッチが高齢者向け住宅施設紹介サイト「ココシニア」をリリースしました。特徴はAIシステムを活用した、入居者が最も幸せになる施設とのマッチングです。AIの開発を手掛けたのは株式会社AVILEN。1000件を超える実際の入居者のデータを用いて、AVILEN社のレコメンドエンジン「FALCON」を学習、入居希望者に最適な施設を提案します。また事業パートナーとして、介護事業を専門とする株式会社ケアトーク社も参画し、介護現場の知見がふんだんに盛り込まれたサービスになっています。マッチングAIは、今後もさらなるデータの蓄積と学習を続け、高精度化を実現する予定です。 ココシニアについて:https://coco-senior.jp/ AVILENのAIサービスについて:https://avilen.co.jp/service_category/solution/



【要約】


アンケート調査の結果、親の施設選びでもっとも多くの人が大切にしたのは「施設の雰囲気」で、53.4%。
1,000件を超える実際の入居者のデータから、入居者にもっとも合う施設の雰囲気を分析してAIを構築。「入居者が普段家にいたときの格好」と「施設における他の入居者の日中の格好」が近いほど入居後の幸福度が高まる、などの結果を得た。
AIレコメンドエンジンが提示する「幸せになる傾向が高いと想定される施設」の「正解率」は75%。
入居前のAIを用いた幸せになる可能性が高い施設の紹介と、入居後の幸福感のモニタリングを組み合わせて入居後のミスマッチを解消する「幸せサポートシステム」を提供。


アンケート調査を行った結果、親の施設選びでもっとも多くの人が大切にしたのは、費用や立地ではなく、「施設の雰囲気」で、53.4%の人が選択しました (図1)。高齢者向け住宅施設における、雰囲気の重要性は、居住空間や対人関係などからも示されていますが(※1)、現在の施設紹介サイトでは雰囲気という観点は重要視されていません。


また、入居者は雰囲気を判断するために施設見学を行いますが、1回の施設見学で、入居後の生活に本当にマッチする施設を探すことは困難です。ココシニアはこの点を社会的な課題であると捉え、実際に施設選びを行った方の1,000件を超えるデータから、入居者さまにもっとも合う施設の雰囲気を分析してAIを構築しました。この分析で、雰囲気を構成する要素(衣食住人)について、興味深いデータが得られました。例えば、「入居者が普段家にいたときの格好」と「施設における他の入居者の日中の格好」が近いほど入居後の幸福度が高まる、などです。



この構築したAIで入居者さまのパーソナリティと施設データを分析することで、幸せになる可能性が高い施設をご紹介します。さらに、入居決定時と、入居後2ヶ月後、6ヶ月後に幸福感を測定するアンケートを実施します(※2)。アンケートには、幸福感の測定項目以外にも、「施設のスタッフの笑顔を感じるか」「心配事や愚痴を聞いてあげる人がいるか」「アクティビティへの参加状況」など様々な研究結果から幸福感に寄与する要因を抽出して入れ込んであります。その結果から、幸福度が上がっている要因・下がっている要因を分析して、レポートにまとめ、入居された施設とご家族にお送りし、幸福度が下がっている場合は改善施策をご提案します。

これにより、入居前には幸せになる可能性が高い施設のご紹介をし、入居後には幸福度をモニタリングして、幸せな暮らしをサポートします。ココシニアはこの入居前の幸せにつながる施設選びと入居後の幸福度のモニタリングを組み合わせ「幸せサポートシステム」としてお客様全員にご提供します。これにより、入居後に施設とのミスマッチが発生する可能性を低減していきます。



■AIアルゴリズムについて

AIは入居される方のパーソナルな情報から幸せになる可能性が高い施設を提示します。その流れは「1.データのインプット」「2.アルゴリズムでの解析」「3.施設の提示」の3ステップです。

ご検討されている入居者さまに関する、「お住まいの部屋の数」や「趣味」、「家にいるときの格好」「長く勤めていた職種」などのさまざまな質問への回答を、データとしてインプットします。
インプットしたデータを、AIレコメンドエンジンの「AVILEN FALCON」を用いて独自アルゴリズムで解析します。(「AVILEN FALCON」は、あらかじめ大量の施設や過去入居者のデータを用いて、学習させておきます。)
解析の結果、ご検討されている入居者さまが幸せになる傾向が高いと想定される施設を提示します。(現時点では「幸せになる傾向が高いと想定される施設」の「正解率」は75% ※3。さらなるデータの蓄積と学習により、今後より高性能化する予定。)





AVILENのAI開発ソリューションの詳細はこちら
https://avilen.co.jp/service_category/solution/
----------
〈AVILENが目指すのは、より多くの人々が最先端のテクノロジーを理解・活用できる社会です。私たちは、テクノロジーの普及は個人の可能性を大きく広げ、豊かな社会の実現に繋がると信じています。〉

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン